カテゴリから探す
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

Amazon復活代行サポート再開事例(2022年4月版)

株式会社hibikiの吉田航基です!

今月のAmazonアカウント停止の最新情報をご紹介!
2022年4月版(3月1日-3月31日)の再開事例です。

弊社ではAmazonアカウント停止 復活代行サポートを実施中!専門家へのLINE無料相談も受付中です!

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 今回は弊社の「Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート」をご紹介します!最高品質の改善計画により、迅速にアカウント復活へ導きます。過去4年間で合計500件以上の再開事例あり。
Content

今月のトレンド解説

2022年4月版の停止原因ランキングはこちら!
2022年3月1日〜3月31日の再開事例を参照)

最新の停止原因ランキング
  1. 真贋調査        7件
  2. 商標権侵害(偽造)   4件
  3. アカウント紐付け    2件
  4. 意匠権・特許権侵害   1件
  5. 出荷遅延率の悪化    1件

今月は真贋調査がかなり多かったですね。

内訳としては請求書がある方が1件、全くない方が6件です。ほとんど文章のみで再開させています。また2年前、1年前の停止アカウントもそれぞれ再開させています。

他には商標権侵害(偽造品)が多かった印象です。

それ以外にはアカウント紐付け意匠権侵害出荷遅延率の悪化などがありました。

アカウント復活事例一覧

先月のアカウント再開事例を抜粋してご紹介します!

リアルタイム最新情報はTwitterにて発信中!

2022年3月6日 商標権侵害(偽造品)

2022年3月9日 真贋調査

2022年3月10日 商標権侵害(偽造品)

2022年3月15日 アカウント紐付け

2022年3月17日 意匠権/特許権侵害

2022年3月18日 アカウント紐付け

2022年3月18日 真贋調査

2022年3月20日 真贋調査

2022年3月20日 商標権侵害(偽造品)

2022年3月22日 商標権侵害(偽造品)

2022年3月24日 真贋調査

2022年3月25日 出荷遅延率の悪化

2022年3月26日 真贋調査

2022年3月28日 真贋調査

2022年3月30日 真贋調査

過去の再開事例データはこちらで確認できます !

Amazonニュース&コラム

Amazonの実店舗が全て閉鎖へ

話題になっていたAmazon Go 導入店舗を含む、全てのAmazon実店舗を閉鎖することに決めたようです。

  • 書店・・・「Amazon Books」
  • コンビニ・・・「Amazon Go」
  • スーパー・・・「Amazon Go Grocery」
  • Amazonで星4以上のレビューを集めた商品だけを取り扱う「Amazon 4-star」

Amazonが求めているのは事業拡大でも微々たる利益でもなく「ビッグデータ」だったようですね。

パンデミックをいい機会にして、Amazon Goの普及やAmazonフレッシュでの生鮮食品の販売など、一歩引いた事業に注力していくようですね。あえて店舗を自分で持たなくてもいいAmazonにとっては、この段階で情報だけ取得して引くのはいい決断なのかもしれません。

しかしこの話で大事だと思ったのは
「事業拡大と撤退の基準」を決めることだと思う。

こちらの西野さんの動画↓でも、事業拡大をどう決定するのかについて語っているので、かなり参考になるかもしれません🌸

低評価レビューへの返信機能が追加

Amazonで星3以下のレビューに対しては、返信コメントが送信できるようになったみたい。

セラーセントラル上で「ブランド」→「カスタマーレビュー」で出品者側から返信コメントを送れるらしい。

どうせテスト機能なんだろうけど、低評価の削除依頼がしやすくなったので、出品者にとっては一応プラス…なのかな?

Amazonギフト券に要注意!

こちらの記事の方は、転売サイトで購入したAmazonギフト券を使用したところ、アカウントが停止になってkindle本4000冊が消滅したようです。

忘れがちですがkindleアプリはAmazonのIDパスワードでしかログインできないため、Amazonアカウントがロックされるとkindleアプリは二度と開けなくなります。

Kindle本を購入しているのは、あくまでもAmazonが保有している書籍データを自由に閲覧できる権利であって、本のデータ自体をもらったわけではないんですよね。

実はKindleアプリはログアウトすると書籍のデータは全て消えます。つまり毎回Kindleアプリ内でダウンロードして読む必要があり、スマホ内にはデータは一切残っていないのです。

購入用アカウントが停止になると、以下の緑色の問題が発生します。

出品用アカウントも持っている場合、オレンジ色の問題も発生します。

購入用アカウントの停止
  • 購入したKindle本が全て消滅
  • 購入したプライムビデオが全て消滅
  • 残りのAmazonギフト券残高が全て消滅
  • 経理用の注文履歴データが見れなくなる
  • Amazonアカウントが二度と作れなくなる
出品用アカウントの停止
  • Amazonに預けている売上金は全額没収
  • 今後予定していた販売利益はゼロになる
  • FBA在庫は全て没収。大量の不良在庫が発生。
  • ストア開設までの手間と費用が全て無駄になる
  • Amazonアカウントが二度と作れなくなる

2022年4月版 Amazon最新情報まとめ

以上、Amazon最新情報(2022年4月版)でした。

Amazon販売にリスク0はありません。アカウント停止を防ぐためにも、常日頃から最大限のリスクヘッジを心がけていきましょう。

ひよこ

以上、先月分の再開事例でした

吉田航基

過去のアカウント再開事例一覧もご参照ください!

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 今回は弊社の「Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート」をご紹介します!最高品質の改善計画により、迅速にアカウント復活へ導きます。過去4年間で合計500件以上の再開事例あり。
Content