MENU
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

Amazon復活代行サポート最新事例(2022年7月版)

株式会社hibikiの吉田航基です!

今月のAmazonアカウント停止の最新情報をご紹介!
2022年7月版(6月1日-6月30日)の再開事例です。

弊社ではアカウント復活代行サポートを実施中!専門家へのLINE無料相談も受付中です!

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 株式会社hibikiではAmazonアカウントの停止復活代行サポートを実施しております。これまで合計500件以上の復活実績を積み重ねてきました。今回は サポート料金表・メニューをご紹介していきます。
Content

今月のトレンド解説

2022年7月版の停止原因ランキングはこちら!
2022年6月1日〜6月30日の再開事例です)

最新の停止原因ランキング
  1. 真贋調査        10件
  2. 著作権侵害       3件
  3. 商標権侵害(偽造   1件
  4. 請求書偽造&改ざん   1件
  5. アカウント関連付け   1件
  6. KDP(Kindle)   1件

今月は真贋調査がかなり多かったイメージです。再開事例だけで10件近くありました。

また韓国DVD関連の著作権侵害も多かったイメージです。DVDせどりの手法は著作権侵害で停止になることが多いので、この手法が最近流行っているようです。

今月は珍しい案件は少なく、ひたすら真贋調査と知的財産権侵害の2種類を徹底して再開させていました。

アカウント復活事例一覧

先月のアカウント再開事例を抜粋してご紹介します!

最新の復活事例はTwitterにて発信中!

2022年6月6日 真贋調査

2022年6月7日 真贋調査

2022年6月8日 商標権侵害(偽造)

2022年6月8日 請求書違反

2022年6月12日 アカウント関連付け

2022年6月12日 著作権侵害

2022年6月13日 真贋調査

2022年6月15日 KDP (kindle)アカウント

2022年6月15日 真贋調査

2022年6月16日 真贋調査

2022年6月21日 真贋調査

2022年6月21日 真贋調査

2022年6月24日 真贋調査

2022年6月26日 著作権侵害

2022年6月29日 著作権侵害

2022年6月29日 真贋調査

2022年6月30日 真贋調査

過去の再開事例データはこちらを参照!

再開したお客様の声

アカウント再開時に、再開したお客様にTwitterで引用RTでコメントいただくことも増えてきました。

せっかくなので「お客様の声」として、今月分を抜粋してご紹介させていただきます!

Amazonニュース&コラム

アカウント健全性のボタンの変更

アカウント停止&レビュー時には、アカウント健全性ダッシュボードの右上に改善計画書の提出フォームへ進むボタンが表示されます。

しかし、最近そのボタンの下に「ステータス」が表示されるようになったようです。

現時点で確認できているのは以下の3パターンです。

  1. アカウントを再アクティブ化・・・ステータス:出品者様からの送信が必要です。
  2. 送信内容を確認する・・・ステータス:現在評価中です。
  3. 新しい情報を送信する・・・ステータス:評価が完了しました。

①アカウントを再アクティブ化については、まだ何も資料を提出していない状況です。

②アカウントを再アクティブ化については、改善計画書を提出したが相手の返答がまだ届いていない状態です。

③新しい情報を送信するについては、改善計画書が却下されたので、修正したものを再提出する必要がある状態です。

どうやら「①初めての送信〜②審査〜③却下」「②審査〜③却下」…繰り返し→「アカウント再開(ボタン自体表示されなくなる)」という流れのようです。

真贋調査が多い商品

真贋調査は、2-3回程度「偽造品です」的なコメントが購入者から届けばアカウント停止になるので、本来は特定商品に限定されることはないイメージです。

ただ、ソニーのリチャージャブルバッテリーパックに関しては、3年くらい前から季節ごとに再開させています。

おそらく嫌がらせをしてくるようなセラーがそこに巣食っている、市場に偽造品が多い、偽造品扱いされやすいなど、不安要素が多い商品だと思うので、出品しないのが吉です。

ストアフロントに評価投稿ボタン

2022年6月24日以降、ストアフロントに出品者評価の投稿ボタンが出現したようです。

コジマ電気のストアフロントを参考までに貼っておきます。

出品者評価をつけやすくなった反面、低評価を食らうリスクが上がってしまったので、注文不良率の悪化には注意しましょう。

こちらのボタンを押すと、注文履歴ページのフィードバック画面に移行します。

なお出品者評価は商品を購入した人でないとレビューできない(これは注文履歴に移動するだけのボタン)のでご安心ください。不特定多数の人がレビューできるわけではありません。

それもあって商品を購入しない人間に見せても仕方がないボタンなので、アカウントにログインした状態でのストアフロント画面にしか表示されないようです。

吉田見解としては、高評価をつけてもらいたい時はレビュー依頼メッセージを送って、ヤバそうな顧客には送らないという形でコントロールできていたので、下手にレビューしやすくなるのはマイナス要素が大きい気がします。

2022年7月版 Amazon最新情報まとめ

以上、Amazon最新情報(2022年7月版)でした。

Amazon販売にリスク0はありません。アカウント停止を防ぐためにも、常日頃から最大限のリスクヘッジを心がけていきましょう。

ひよこ

以上、先月分の再開事例でした

吉田航基

過去のアカウント再開事例一覧もご参照ください!

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 株式会社hibikiではAmazonアカウントの停止復活代行サポートを実施しております。これまで合計500件以上の復活実績を積み重ねてきました。今回は サポート料金表・メニューをご紹介していきます。
Content