カテゴリから探す
吉田航基
株式会社hibiki 代表
30歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去5年間で合計700件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!

Amazonギフト券の不正利用でアカウント停止|ログインができない方は必見!

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

「突然アカウントにログインできなくなった…!?」

突然の事態に驚いている方もいるのではないでしょうか?

実は最近、Amazonギフト券によるアカウント停止が流行っています。

ひよこ

ログインすらできなくなるんだよね…。

吉田航基

そのため停止を食らった時の損害は図り知れません。

今回はそんな不正ギフト券問題について、全力で解説していきます。

「ログインできない」パターン一覧はこちら

あわせて読みたい
Amazon「ログインできない場合」の発生条件&対処法まとめ 今回は、Amazonでログインができなくなる場合の発生条件&対処法をまとめました。Amazonではアカウント停止に加えてログインすら不可能になる場合が存在します。
Content

不正ギフト券は「犯罪」に結びつく

そもそも、なぜギフト券を買っただけでアカウント停止になるのでしょうか?

それはAmazonギフト券が「犯罪」に使われることが多いためです。

犯罪者がヤバイものを購入する際、自分のクレカや銀行口座を使ったらすぐに身元がバレますよね。

しかしAmazonギフト券は、ギフト券のまま転売を繰り返すと、誰が誰だかわからなくなります。つまり足が付かない犯罪資金にすることができるんです。

それらの犯罪資金源・供給源になっているのがAmazonギフト券の転売サイトなんです。ネット上にはこうした転売サイトが20サイト以上存在しています。

だからこそAmazonも、ご丁寧に規約に転売サイト名まで載せて警告しています。

Amazon.co.jp では、Amazonギフト券細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)および無効化ならびに関連するアカウントの停止を随時行っております。

Amazonギフト券のご購入に関する注意

要するに、今回の不正ギフト券問題はこんなイメージです。

Amazonの監視下の外におかれたギフト券は、不正ギフト券として犯罪に使われる場合があるため、転売を防ぐ必要がある。

しかしギフト券転売サイトが、ネット上で不正ギフト券を拡散している。

転売サイト自体は法律上潰せない。Amazonにできることとしては、Amazon内部でそれらの転売サイトから購入したセラーを発見したら、犯罪の片棒を担いだとしてアカウント停止にする。

これで外部サイトで購入したギフト券はAmazonで使えなくなる。

この情報が広まれば転売サイトに人は集まらず、ギフト券の流出は食い止められるだろう。いやぁ良かった良かった。

Amazonは、ギフト券の中にcookieやwebビーコンなど、マルウェアを仕込んでいるとさえ言われています。そうでなくても世界一のIT企業が相手です。どう監視されていたとしても、おかしくありません。

そのため最近は、外部サイトで購入したギフト券を使った瞬間、出品アカウントごとBANされてしまう方が増えてきているんです。

Amazonギフト券のアカウント停止

Amazonギフト券でアカウント停止になった場合に起こる問題を解説していきます。

不正ギフト券でよく使われているAmazonメールアドレス一覧です。

seller-performance-policy@amazon.co.jp

address-verification@amazon.co.jp

ログインすらできなくなる

この問題の特徴が「ログインできない」状態になることです。

ひよこ

ログインできないってどういう状態?

吉田航基

ログイン画面で止まってしまいます

初回では、下記のような追加情報の入力フォームになっていることが多いです。

追加情報のフォームがあるパターン

下記のように入力フォームに移行する場合もあります。

追加情報フォームの提出

必要情報を入力すると、下記のように審査中の画面になっています。およそ1-3日程度で返信が届きます。

もし審査に通過しないと、下記のようなメールが届きます。

このたびは、ご返信いただきありがとうございます。ご提供いただいた情報を精査いたしましたが、ご回答に基づいてお支払いを確認することができませんでした。

Amazon アカウントへ再度サインインし、画面の指示に従ってお支払いをご確認いただきますようお願いいたします。ご提供いただいた情報を確認し、24 時間以内にご連絡いたします。

補足書類をアップロードする際は、氏名、住所、お支払い方法、およびその他の関連情報がはっきりと表示されていることをご確認ください。セキュリティ上の理由により、お支払い方法に指定されているカード番号の最後の 4 桁のみを表示してください。

ログイン画面上で再度、追加情報を要求される場合もあれば、フォームでの申立てが終了してメールでのやり取りしかできなくなる場合があります。

追加情報を要求されるパターン

追加情報を要求されるパターン

追加情報を要求されないパターン

セラーアカウントのログイン画面

セラーアカウントをお持ちの方は、セラーセントラルにログインすることもできなくなります。

下記のように「アカウントの保護にご協力ください」と表示されます。

「お客様のアカウントで異常なアクティビティが検出され、一時的にロックされました。詳細については、カスタマーサービスにお問い合わせください。」という表示のまま、パスワード自体が無効化されています。

なお玄関の鍵だけを変えられた状態なので、家であるセラーアカウント自体は停止にならずに元気に動いています。

ただ家の中に入ることができないため、早く鍵を開けないとつけっぱなしの電気やガスが原因で、家が爆破消滅する可能性があります。そのため1日でも早く購入用アカウントを再開させる必要があります。

ギフト券違反のメール文面

ギフト券については、いくつかのメール文面のテンプレが存在します。

平素は Amazon をご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様の詳細情報を確認しましたところ、ご利用の Amazon.co.jp のアカウントを閉鎖する必要があることが判明いたしました。また、未発送の注文はすべてキャンセルいたしました。

また、この件に関して今後 E メールをお送りいただいても、返信を差し上げられない場合がございます。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、お客様のアカウントを閉鎖し、未処理の注文がある場合はすべてキャンセルされました。

利用規約への違反があったため、このような措置を取りました。

登録されている Amazon ギフト券、Amazon ポイント、クーポンの無効化をしました。再発行および返金はいたしかねます。

ご利用のアカウントを閉鎖し、現時点での Amazon ギフト券の残額を無効化いたしました。また、未出荷の注文についてもすべてキャンセルいたしました。

Amazon.co.jp のギフト券をご利用の際、利用規約への違反があったため、このような措置を講じました。Amazon ギフト券の再発行および返金はいたしかねます。小売業者から Amazon ギフト券を購入された場合や第三者から入手された場合には、ギフト券の再発行や残額の返金はできませんのでご了承ください。

2024-01-01 から、利用規約違反となる形で Amazon.co.jp のギフト券を利用しようとされたため、このような措置を講じました。Amazon ギフト券の販売や有償での譲渡、承認されていない第三者からの Amazon ギフト券の購入は、当サイトの利用規約違反となりますのでご注意ください。Amazon ギフト券の再発行および返金はいたしかねます。

ご利用のアカウントを閉鎖し、現時点での Amazon ギフト券の残額を無効化いたしました。また、未出荷の注文についてもすべてキャンセルいたしました。お客様が (2024-01-01 ~ – の間に) 登録された Amazon ギフト券に利用規約の違反 (有償譲渡) があったため、このような措置を講じました。

Amazon.co.jp が承認していない第三者からのギフト券の購入や、ギフト券の販売や譲渡は Amazon の規約違反 (有償譲渡) となります。ギフトカードの再発行および返金はいたしかねます。

お客様が アカウント に登録された Amazon.co.jp ギフトカードは当サイトの利用規約に違反しているため、お客様のアカウントを閉鎖いたしました。アカウントを再開することはできません。Amazon ギフト券の販売や有償での譲渡、金銭との引き換え、承認されていない第三者が販売するAmazon ギフト券を購入することは、当サイトの利用規約違反となりますのでご注意ください。

お客様が 2024-01-01までに登録された Amazon.co.jp ギフトカードは当サイトの利用規約に違反しているため、お客様のアカウントを閉鎖いたしました。アカウントを再開することはできません。

上記のメールが届いた瞬間から、一切ログインができなくなります。

購入アカウントも出品アカウントも使えなくなるため、今後改善計画の提出は全てメールでやりとりをする必要があります。

ギフト券残高は戻ってこない

購入アカウントに登録したギフト券残高は、全て没収されてしまいます。

Amazonには、外部サイトからギフト券を購入したことのあるアカウントは、規約違反アカウントとして凍結する権利があります。そもそも「ギフト券のどれか」が問題なのではなく、アカウントごと問題とされるため全額没収となります。

そのためギフト券を一気に登録してしまう方は要注意です。知り合いでギフト券残高を300万円分没収された方を知っています。

売上金・FBA在庫も返ってこない

出品アカウントの売上金およびFBA在庫は全額没収されます。

購入用アカウントの問題のため、以前は出品用アカウントの振込スケジュールは変わらず2週間に一度振り込まれていたのですが最近は、下記のようなメールが届くようになりました(購入用アカウントの停止からこちらのメールが届くのは多少時差がありますが、おそらく2週間ごとの入金スケジュールに沿って届いています)

登録されている支払い方法が無効なため、0000000.00JPY の支払いはキャンセルされました。有効な請求方法をご提供いただくまで、売上金は振り込まれません。

なぜこのような状況になったのでしょうか?
請求およびセキュリティ上の理由から、有効な請求方法を維持していただく必要があります。詳しくは、 こちらから支払い方法および請求方法に関するポリシーをご覧ください。

この問題を解決するにはどうすればよいですか?
出品アカウントへの支払いを再開するには、まず請求方法を更新していただく必要があります。こちら の手順に従って、クレジットカード情報を更新してください。 請求方法を更新すると、支払いは次回の決済日に振り込まれます。

請求方法を更新しなかった場合、どうなりますか?
請求方法の情報が更新されるまで、すべての支払いが一時停止されます。また、請求方法が更新されるまで、セラーセントラルやその他の販売ツールへのアクセスが制限される場合があります。

これは僕の勝手な予想ですが、購入用アカウントが停止になると、基本的に購入用アカウントで注文していた商品が全て自動キャンセルにされるのですが、その延長線上で、購入用アカウントに登録している支払い用のクレジットカードを、Amazon全体で無効化されるシステムになっているのかもしれません。

セラーアカウントに登録していたクレジットカードがAmazon内で無効にされて、クレジットカードの有効期限が過ぎてしまった時と同じような文面でのエラーが発生しているという予想です。

これは他のアカウントもそうですが、特に今回の場合ログインができないため、FBA在庫の返送手続きすらできません。そのため人によっては数百万・数千万円の借金を背負う羽目になる方もいます。

よく「意味わかんない!裁判してやる」と言う人がいますが、絶対にやめましょう。

アカウント登録時に同意した規約を破ったのは、こちらです。没収してもOKという規約に同意したのもこちらです。絶対に勝てません。

詳しくはコチラを参照

経理データが一切確認できない

地味に痛いのが、経理データの確認ができないことです。

先日、購入アカウントがログイン不能になってしまったために、法人として購入してきた数百万円分のデータが確認できなくなった方からの相談を受けています。

これ、小さな問題に見えますが結構大問題なんです。

決算や確定申告の際には、出品アカウントの売上金は「売上高」、購入アカウントの購入データは「経費」として算入されます。どの商品を何個販売したのか、購入したのかを一行ずつ仕分けをする必要があります。商品ごとですからね。何千行になります。

また、個人事業主や法人は、税務署に保管在庫の「棚卸表」を提出する必要があります。しかし販売データが手に入らない以上、作成は困難です。

このようにログインができなくなることで、今までの経理は全てぐちゃぐちゃになってしまいます。会社としては消滅の危機です。

詳しくはコチラを参照!
あわせて読みたい
【経理】Amazonアカウント停止時の確定申告や決算方法まとめ 今回の記事は「アカウント停止時の確定申告・決算」についてです。最近ログインすら不可になるアカウント停止の事例が増えています。だからこそ事前にアカウント停止に備えた準備をしておくことが、二次災害を防ぐコツになります。この記事ではその方法をご紹介します。

もしこれを放置すると、いざ税務署から税務調査がきた時、会社が消滅する可能性すらあります。修正申告だけならまだしも、中には何百万円という追徴金が課せられるケースも存在します。

Amazon.co.jpの永久利用不可

かなり痛いのがAmazon関連の全サービスからの締め出しです。

僕の知り合いでギフト券で停止になった方は、その後購入アカウントを10個以上作成したけど全て関連アカウントで紐づいてアカウント停止になったそうです。それもIPアドレスまで全て変更した上で、です。

通常、購入アカウントが関連アカウントで紐づくケースは稀です。どうやらログイン不能まで陥った購入アカウントには、特に厳重な監視体制が敷かれている気がします。

2024年現在は、Amazon出品アカウントも作成時に身分証明書と銀行明細を要求されるなど、かなり本人確認を厳格化しています。

そのため、一度ギフト券でアカウント停止になってしまうと、永久にAmazon関連サービスを利用できない可能性すらあるんです。

Amazonギフト券の購入は危険

この問題を防ぐ方法はたった一つです。

それはギフト券を「他サイト」で買わないということです。

Amazonギフト券はamazon.co.jp内で購入するか、コンビニで購入するかの2択であり、それ以外で購入するのは全て規約違反です。

ひよこ
でも他社で購入すると1割程度安く購入できるんだよね
吉田航基
その利益は、リスクの大きさに見合ってますか?

利益に目が眩んだ時は、一旦立ち止まって冷静にリスクと向き合ってみましょう。先ほど僕が説明したリスク5つと比べてみましょう。

実は最近、コンビニ購入のみの方が、ギフト券問題でアカウント停止になった事例があります。可能性は低いですが、ギフト券の利用そのものが一定数のリスクを孕んでいる可能性があります

ギフト券で停止になったら

このギフト券問題は、突然停止を食らってからギフト券の規約違反を知るケースがほとんどです。あまり有名ではない分、未然に防ぐことが難しいんですよね。

そのためこの不正ギフト券が原因でのアカウント停止は未だに後をたちません。

ログインできないため、Amazonとのやりとりは主にメールで2000文字程度の改善計画をやりとりすることから始まります。いくつかメールアドレスを変えながら交渉していく必要があります。

そんなお困りのセラーのため、弊社では合計700件以上のアカウント再開実績を通じてAmazonアカウント復活代行サポートを実施中です!専門家の私が全力でサポートします。

ひよこ

あなたのアカウントとギフト券残高を取り戻します!

吉田航基

お困りの方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。

不正ギフト券は、他の原因と比べてコツが必要ですがアカウント復活は十分に可能です

ギフト券停止からの再開メール

Amazonギフト券問題まとめ

以上、不正ギフト券でのアカウント停止問題についてでした。

不正ギフト券は知っていれば絶対に防げる問題です。この記事を参考にして絶対に発生させないようにしましょう!

ひよこ
他にAmazonの記事はないの?
吉田航基
事例別まとめ記事も参考になりますよ!
Content