Amazon商品ページの不正(ASINの重複)は「外部出品ツール」が原因です。

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

今回は商品ページの不正(ASINの重複)に関する考察記事です!!

これは無在庫セラーがツールで大量に新規商品ページを作成した時に、発生しやすいです。

今回は独自の考察やいくつかの事例を交えながら、この問題について語っていきます!

Content

ASINの重複とは

商品ページの不正(ASINの重複)とはつまり、同じ商品なのに別ASINを作っちゃうことです。

例えばメルカリは出品者が自分勝手に商品ページを作りますよね。同じ商品のページが何百個もあったりします。

逆にAmazonでは一つの商品に対して商品ページは一つと決められています。一つの商品ページに、何人もの出品者が出品している状態です。

そのため、すでに商品ページが作られている商品なのに、別ASINで新規商品ページを作ってしまうと、今回の商品ページの不正(ASINの重複)となってしまいます。

僕は季節ごとに商品ページの不正(ASINの重複)の依頼をいただいています。

ASIN重複に関する考察

商品ページの不正(ASINの重複)を未然に防ぐ方法をご紹介します!

どの部署からどんなメールが届くの?

今回のASIN重複の特徴は、メールに「商品ページの不正」と記載されていることです。

同じ商品なのに別のASINを作ることは、自分だけ目立って売上アップに繋がるためAmazon規約上「不正行為」扱いされます。

知的財産権などの他の原因と見分けがつきにくく間違えやすいですが、実際はただ間違えて商品ページを重複して作っちゃっただけの話です。

なおlistings-evaluation@amazon.co.jp」「listings-evaluation-nasd@amazon.co.jp」からメールが届く場合が多いようです。

なんでASINの重複が起こるの?

ASINの重複は商品ページを自動で新規登録する出品ツールを使っているセラーに多い印象です。

特に無在庫セラーは、毎月何千件という商品ページを作成する場合があります。

Amazonでは、同じ商品に商品ページが複数あると、お客さんはどの商品ページから購入すればいいのかわからなくなってしまいます。そのためAmazonは商品ページ削除のための対応に追われてしまいます。

そのため、Amazon規約では以下のようにASINの重複を禁止しています。

すでにAmazonカタログに商品が存在する場合、ASINを新規作成することは禁止されています。この規定に反すると、出品者のASIN作成/出品権限が一時的に停止、または恒久的に取り消される場合があります

商品詳細ページ(ASIN)の新規作成に関するポリシー

そこに、もし僕が「Amazonに既に商品ページがある商品は出品しない」という機能がない出品登録ツールを使うと、毎日何千件もの重複ASINが誕生してしまいます。

ひよこ
もはや営業妨害…

警告の段階で出品方法を見直すべき

実はASIN重複の場合、停止の前に警告メールが届くことがあります。

先日私が再開させた方の場合、上記のメールが2回届き、3回目でアカウント停止になりました。これらの警告は蓄積されているようです。

吉田航基
もし上記のメールに見覚えがある場合、今後の停止リスクは高いです

なお警告メールに関しては、Amazon規約を確認した旨を添えてAmazonに返信しておけば問題ありません。Amazonからはこんな感じでメールの返信があります。

アカウント停止メールの別ver.

実はアカウント停止時の文面は、いくつかのパターンが存在します。

「商品の重複ポリシー」「重複するASIN」など、色々な言い回しをされていますが、全て同じ意味なので戸惑う必要はありません。

担当者によって文面は細かく異なるため、大きな意味はないようです。

指摘されたら必ず商品削除

重複ASINは、商品情報(SKU)ごと削除することが重要です。

商品情報を削除することで、今後の改善意思を相手に伝えることができます。

できる限り、初回の改善計画の提出前にしておきましょう。

ASINの重複の再開事例

商品ページの不正(ASINの重複)の再開事例の一部をご紹介します。

吉田航基
2019年に流行りましたが、その後もちらほら発生しています。

他にも多くの方から、アカウント再開時に感謝のメッセージをいただいています。

Twitter(@hiyoko_tabi)でも最新情報を毎日更新中!

ASINの重複の復活方法

商品ページの不正(ASINの重複)から復活するためには、数千文字でのしっかりとした改善計画を提出することが必要です。

もちろん文字量だけでなく、状況に合わせた内容で具体的かつ端的な改善計画に仕上げることができれば、審査を通過できる可能性が高いです。

ただ時間が限られている中で、Amazonが求める内容の改善計画を、数千文字の分量で作成するのは非常にハードルが高いです。正直難しいと感じた方も多いのではないでしょうか?

しかしご安心ください。

吉田航基
そんなお困りの事業者のために弊社では復活サポートを実施しています

500件以上のアカウント復活実績を通じ、最善の方法であなたのアカウントを救います。

Amazon復活代行サポート

弊社ではAmazonアカウント停止&閉鎖の復活代行サポートを実施中!無料電話&メール相談OK!専門家の私が全力でサポートします。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...

ASINの重複 最新情報まとめ

以上、Amazon商品ページの不正(ASINの重複)の対処法まとめでした。

外部出品ツールを利用している方は、既存カタログの排除機能をしっかりとついているか今一度チェックしましょう。

ひよこ
他にAmazon関連の記事はないの?
吉田航基
Amazonお悩み相談室カテゴリに網羅されてるよ!
Content
閉じる