Amazonお悩み相談室

Amazon知的財産権侵害で復活できない方へ。改善計画のコツを解説します!

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

今回は、Amazon知的財産権のアカウント停止から抜け出せない方への記事です。

知的財産権は改善計画が命。書き方が悪いまま提出を続けていくと、いつしか完全に無視されるようになり、そのままアカウント閉鎖となってしまうことも十分にあり得ます。

だからこそ、今回はそんな知的財産権の改善計画の書き方のコツを伝授します。

Amazon知的財産権侵害とは

そもそもみなさんは、知的財産権とは「なにか」を知っていますか?

ひよこ
ひよこ
難しそうだから、知らなくてもいいよ…
コウキ
コウキ
知らないのに再開できるのでしょうか?

自分がどんな原因でアカウント停止になっているのかすら知らない方は、残念ながら再開できないと思っています。

敵も知らずに闘おうとする人間は、闘う前から負けているんです。

これは孫子の兵法の一つですが、現代でも十分通用します。

アカウントが再開できない多くの方は、知的財産権がなんなのかさえ分からないまま、ネット上のテンプレをそのまま送っているだけだったりします。

そりゃ再開なんてしませんよね。

そのため、まずは「知的財産権ってどんな権利なのか」を把握していきましょう

知的財産権はただの「総称」です

知的財産権を一言で説明すると、ブランドメーカー(任天堂とかソニーとか)が自社の商品に対して持っている権利の総称をいいます。

コウキ
コウキ
実は、知的財産権という法律や権利があるわけではないんです。

「自分のモノやサービス」を守るための権利を全てまとめて「知的財産権」と一言で呼んじゃっているわけですね。

知的財産権に属する権利たちが存在しないと、せっかく自分が作ったモノやサービスが「他人に奪われまくり、真似されまくり」です。そのため知的財産権って超大事なんです。

そんな知的財産権は商標権・著作権・意匠権・特許権」の4種類に分かれています。


Amazon知的財産権の「4権利」

実は知的財産権には4パターンの権利が存在します。

それぞれの権利を詳しく知ることで、改善計画の書き方が大きく変わってきますよ。

コウキ
コウキ
再開率自体は、どれも変わりません。

一番メジャーな商標権

知的財産権の中で一番メジャーなのが商標権です。

商標権を申請すると、自分で作った「商品やサービス」は他人が勝手に販売できません。これなら安心して自社商品を作れますね!みなさんも自社商品を作ったら必ず商標権は取得しておく必要があります。

例えばトヨタの車で考えてみましょう。

具体的には、トヨタの「ロゴ」「TOYOTA」という社名プリウスなどの車のブランド名などが商標権に守られます。他の会社は勝手にプリウスという名前の車を作ったり販売することができないんです。

今回は、正規代理店でもないのに、勝手に商品名やブランド名が記載されてある商品カテゴリで出品したため、メーカーからクレームをつけられたんですね。メーカー側からすれば、勝手に出品・販売した感じに映っているんですね。

たまにあるのが著作権

知的財産権の中でも特殊なのが著作権です。

著作権は他の権利と違って権利が自動発生します。

「書籍・音楽などの作品」は完成した時点から、勝手に改変・販売できなくなります。

例えば「進撃の巨人」の場合、作者以外が漫画をコピーしたり、勝手に作り直したり、キャラクターを使った商売を始めることができません。

キャラクターものを販売していると、この著作権に出会う可能性が高いです。

著作権は、経験上「ポケモンカード」「レゴブロック」などで確認しています。任天堂関係は、全ての権利において通報しまくってきますので注意が必要です。

時たまあるのが意匠権

意匠権は、商品やサービスの「デザイン」に特化した権利です。

意匠権を申請すると、自分で作った「デザインやキャラクター」を他人が勝手に販売できなくなります。具体的には「色や形状」などを登録できますよ。

ひよこ
ひよこ
これで僕も安心だね!

他にもトヨタ車の「デザイン」が意匠権で守られたりしているよ。

今までの経験上「カメラのレンズ」で確認しています。仕様上、デザインが特に重要な工業製品が対象になるようですね。

滅多にないのが特許権

正直、ほとんどお目にかからないのが特許権です。

特許権が商標権や著作権と違う点は、「発明」を保護する権利であることです。

かなりお目にかかる機会は少ないですが、意外な日用品に設定されていたりするので注意が必要です。

僕は一度、「IronBuddyのプッシュピン」で経験したことがあります。

画鋲に「特許権」が設定されていることを考えると、特許とはなんだろうと考えさせられますね。

Amazon知的財産権の改善計画

知的財産権のアカウント停止が発生すると、改善計画を提出する必要があります。

コウキ
コウキ
知的財産権が原因でのアカウント停止は、2回目以降の再開が徐々に難しくなってくるので、再開後も注意が必要ですよ。

請求書以上に改善計画が重要

知的財産権はほとんどの場合、請求書と改善計画を同時に求められることが多いです。

ただ知的財産権の場合は、請求書よりも改善計画を重視される傾向があります。

ひよこ
ひよこ
なんで?
コウキ
コウキ
権利を侵害しただけで、別に偽物ではないためAmazonにとっても請求書は重要ではないんです

請求書も重要ですが、それ以上に重要なのは二度と知的財産権の侵害を起こさないための徹底的な改善計画です。

改善計画は「流れ」で書く

僕は改善計画を書くとき「改善の流れ」を意識して書いています。

改善計画の「対策部分」テンプレ
  1. 「仕入れする時はこの対策」
  2. 「届いた時はこの対策」
  3. 「出品する時はこの対策」
  4. 「出品後も定期的にこの対策」
  5. 「受注・発送するときはこの対策」
  6. 以上、今回の原因に対する対策を、上記の一連の流れで実施することで、二度と知的財産権侵害商品が紛れ込む余地を無くします。

こんな感じで、Amazonに対して「なるほど、これなら二度と知的財産権を侵害しないな」と思わせることができたら勝ちです。

Amazon垢BANからの復活を勝ち取れ!再開までの一連の流れを紹介するよ今回は、Amazon垢BANからの具体的な復活方法についてです。僕は今までAmazonアカウント停止解除サポートで200件以上の垢BANからの再開をお手伝いしてきました。今回はそんな僕が垢BANから再開までの一連の流れを具体的に解説していきます。お役立ち情報がいっぱいですよ!...

権利ごとの特徴をふまえる

知的財産権の特徴は、先述の4権利のそれぞれの違いです。

Amazonはこの権利をしっかりと理解することを求めています。そのため改善計画には、ある程度権利を理解した旨を記載する必要があります。

たとえば著作権の場合、著作権が自動で発生する権利であり、他の知的財産権よりも一層注意する必要があることなどを理解しているかを問われています。

ひよこ
ひよこ
権利を理解した旨を書いた方がいいんだね!
コウキ
コウキ
対策部分も同様に権利ごとに対策を記載する必要があります。

「偽造品」とは商標権のこと

これ、意外と知られていないんです。

Amazonからのメールに記載されている「偽造品」とは商標権のことなんです。

ひよこ
ひよこ
でも偽造品って真贋のことなんじゃないの?
コウキ
コウキ
Amazonにおける真贋と偽造品は実は異なります

偽造とは何ですか?

偽造は、商標権の侵害の一形態です。偽造とは、商標権者が提供していない商品の販売に関連して、登録商標、または登録商標に酷似するマークを違法に複製することです。

偽造の場合、商品またはパッケージで、登録商標が使用されます。

不正に登録商標を使用することなく、異なる商品詳細ページに類似の商品が出品される場合、その商品の外見が商標登録済みの商品に似ているか全く同じに見える場合でも、偽造品ではありません。 ただし、類似の商品は、他の知的財産権(意匠権などや、他の法律(不当競争法など)に違反する場合があります。

Amazon知的財産権ポリシー

商標権を侵害した時点で、それは「偽造」扱いされてしまうんですね。

そのため、勝手に真贋だと思い込んで真贋に対する改善計画を送らないようにしましょう。偽造と記載があったら、それは商標権侵害への対策を記載する必要があります。

Amazon真贋調査の対応方法まとめ|実は2種類あるんです!今回は、Amazon真贋調査についての考察記事です。実はAmazon真贋調査には通報者の異なる2種類のパターンが存在するんです!真贋は一般的には再開が難しいと言われていますが、実際には理解していない人が多いだけな気がします。個人的にはそこまで難しいとは思いません。...

ネットのテンプレでは再開できない

この知的財産権侵害は、かなり昔から存在するアカウント停止理由です。そのため、改善計画のテンプレがネット中に転がっています。

ただ、個人的にはテンプレで再開することは難しいと思います。

今までテンプレを使って再開しなかった方からの依頼を何十人と受けてきた経験上、分量も内容も非常に浅く、とてもアカウントスペシャリストが求める水準ではなかったためです。

Amazonアカウントスペシャリストは電話できる?謎の部署を徹底考察Amazonアカウントスペシャリストという部署について知っていますか?アカウント停止から復活するためにはこの部署について知っておくことが必要になります。今回はそんなアカウントスペシャリストについて、僕の長年の経験から考察記事としてまとめてみました。...

テンプレはテンプレ。それで再開するなら僕の仕事は必要ありません。

それに何十万・何百万という保留された売上金を、そんな適当にネットに落ちているテンプレに託していいはずがありません。そのため、まずはご自身で文章を作成してみるのが一番です。

コウキ
コウキ
もしそれでも再開しない場合、ぜひ僕に一度ご相談ください。

無料電話相談(24時間対応)も実施しておりますので、改善計画についてお困りの方はぜひご活用ください!

Amazonアカウント停止復活サポート|電話・メール相談も実施中!Amazon販売は非常にリスクだらけです。私は現在そんなAmazon販売におけるリスク専門家として活動しています。今回はそんなAmazon販売リスクの中でもご依頼の多い「Amazonアカウント停止復活サポート」をご紹介!...

Amazon知的財産権は再開可能!

以上、知的財産権侵害でのアカウント停止への対処法まとめでした。

知的財産権の知識は深まりましたでしょうか?改善計画のコツを掴めたでしょうか?

もし少しでも参考になっていれば嬉しいです。

ひよこ
ひよこ
他にAmazonについての記事はないの?
コウキ
コウキ
Amazonお悩み相談室カテゴリ」に網羅されてるよ!
ABOUT ME
吉田航基
26歳ひよこ起業家の吉田航基です。孤独になりがちな「自営業・フリーランス」の方を、全力でサポートする情報発信をしていきます