MENU
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

運営者プロフィール

はじめまして! 当サイトを運営している吉田航基(@hiyoko_tabi)と申します。

当サイトで伝えたいことや、私こと「吉田航基」について紹介していきます!

Content

サイト運営者について

「吉田航基」ってどんな人物?

ラオス バンビエンにて

当サイト運営者の吉田航基(@hiyoko_tabi)です!

上記の写真はバックパッカー時代の写真です。ラオス山奥のバンビエンという村で撮ってもらいました。

愛知県出身の28歳で、株式会社hibikiという会社で代表をしています。現在は東京で一人暮らし中です。

現在の活動内容

個人事業主時代に、自分自身がAmazonアカウント停止で一人悩んでいたことをキッカケとして、2018年から法人を立ち上げました。Amazon販売でお困りの事業主のための活動を中心におこなっています。

過去4年間で合計500件以上のAmazonアカウントを再開させてきました。21種類 (2022年現在)以上の停止原因に対応可能です。

その他100件以上のサイト制作や添削などの仕事も受注しており、Web分野でも幅広く活動しています!

吉田航基

お客様に喜んでいただける機会も増え、今は楽しくお仕事しています。

普段は近所のカフェで一日中作業しています。受注した仕事やブログ執筆、SNS更新をしている日常です。

場所を移動しながら仕事するのが趣味なので、たまに日本全国をあちこち一人旅しながら仕事しています。

沖縄に1ヶ月いたり、3ヶ月くらい九州をまわりながら仕事していたり…。

沖縄 石垣島にて

またコロナ以前は、バックパックを背負って海外一人旅もよく行っていました。

特に東南アジアのような暖かいのんびりした場所で暮らすのが、これからの夢の一つです。

吉田航基

いつか東南アジアに海外移住することが目標です。

タイのチェンマイにて
今まで僕が訪れた国の一覧

フランス・ドイツ・タイ・ラオス・マレーシア・シンガポール・カンボジア・ベトナム・ロシア・キューバ・メキシコ

直近で行った場所はロシアやキューバです。社会主義国は日本との違いが大きく、多くの発見があります。

一番好きな国はラオスです!山奥の秘境っぽいところが最高でした。

「吉田航基」の経歴プロフィール

僕は愛知県出身の28歳です。あまり気にしていませんが、生まれつき片耳が聴こえません。

地元の愛知県で小中高と過ごした後、下記のような経歴で生きてきました。

経歴プロフィール
  • 大学時代・・・静岡で一人暮らし。4年間法律を学ぶ。長期休暇は海外一人旅してました
  • 2016年・・・社会人1年目。愛知の信用金庫に就職して、ひたすら営業地獄。。。
  • 2017年・・・Amazon物販で副業開始。副業収入が給料を超えた9月に退職、大阪で個人事業主で活動。
  • 2018年・・・1月に株式会社hibikiを設立。Amazonアカウント停止の復活代行サービスを開始(1期目)
  • 2019年・・・合計100件のアカウント再開実績。法人売上高は1,200万円(2期目)
  • 2020年・・・合計300件のアカウント再開実績。法人売上高は2,300万円(3期目)
  • 2021年・・・合計500件のアカウント再開実績。法人売上高は3,800万円(4期目)
  • 現在・・・東京大阪の2拠点で生活(最近は東京が多め)Web分野にも幅を広げながら活動中!

社会人1年目に地元の信用金庫に新卒で入社しましたが、体育会系の職場に合わずわずか1年半で退職しています。

集団行動が苦手な自分にとって、金融機関の営業は正直いって暗黒時代でした。

毎週月曜日の朝礼でノルマで詰められてバインダーが飛んできたり、無理やり10杯も20杯も飲まされる毎週の飲み会とか…。

職場の中には自分の居場所は全くありませんでした。正直凄く凹んでました。社会人ってつまんねー、大学生に帰りてーって思ってました。

もっと裁量広めに一人作業をさせてくれれば、いくらでも成果を出せるのに…とずっと思っていました。

そんな中、大学時代の先輩について、本当に「なんとなく」で始めたのがAmazon物販です。

本業の収益にすぐに追い付き、半年経つ頃には2倍、3倍……と、とんでも無い事になってきました。

そしてそのまま友人が多かった大阪に移り住んで、個人事業主としてAmazon物販を始めたのが2017年。

その後、順調に事業を広げていき従業員を20人ほど雇い、合計4アカウントで毎月200万円ほど稼いでいたのですが、2018年のある日、突然全てのAmazonアカウントが止まったのです。

4つとも同じ手法で荒稼ぎしていたので、Amazon側の反感を買ったようです。突然ログインすらできなくなりました(非常に珍しいアカウント停止で、いまだに同じ事例に会った事がありません。)

いろいろな事業に手を出して貯金がほとんどなかった時期に、数百万円分の売上金を没収されてしまった結果、結局24歳にして2,000万円ほどの借金を背負うことになりました(現在は全て返済ずみ。)

その後、半年ほど完全に無職となって、地元の愛知県でひたすら自分を卑下する生活をしていました。

人生で一番辛い時期でした

借金を返すために借金をする生活が続いた結果、2000万円まで借金が膨れ上がりました。食べるものがなくて、クリスマスも元旦も一日中100円マックにいたのを覚えています。

しかし、ここでふと思った事がありました。

自分がアカウント停止で苦しんだ時に誰も助けてくれなかった。だからこそ今度は助ける側にまわりたい

そう思いネットで調べたところ、やはり自分が困っていた時と同じ怪しい業者ばかりでした。真面目にサポートしてくれるような企業は1社もなかったのです。

次は僕が助ける番なのだと、その時に確信しました。

そこで2018年に新たに法人企業を立ち上げ、現在の事業につながるAmazonアカウント復活代行サービスを始めることになりました。

「吉田航基」と株式会社hibiki

Amazonアカウント復活代行サービスを始めるため、2018年に株式会社hibikiを立ち上げました

あわせて読みたい
株式会社hibiki 「株式会社hibiki」は、EC・Webサイト運営でお悩みのお客様のために、専門的な視点から問題解決をサポートいたします。

個人事業主よりも法人企業として事業をした方が、より多くの方が安心してご相談いただける環境を提供できると思ったため、法人設立に至りました。

そのおかげで上場企業を含む多くの法人企業(ご依頼主の半数が法人)からもご相談いただけています。これはきっと個人事業主では達成できなかったはずです。

それでも一人会社って大丈夫?って思われるかもしれませんが、従業員に関しては雇う必要がないだけだったりします。自分の力量以上に規模を拡大させるデメリットは、痛いほど知っているので…。

一人会社(法人5期目)の規模ではありますが、直近の売上高は4,000万円近くある(4期目時点)ので、割としっかりと事業に取り組んでいます。

もちろん僕はまだまだ経営者として成長途中。いわばひよこ経営者です。

しかし、だからこそ情熱を持って事業に取り組んでいます。

ひよこ経営者の私ですが、それでも関わってくれた人を幸せにするべく、日々研鑽して頑張っていきます。

最近は仕事を受けやすい東京に活動拠点を少しずつ移しています(法人住所は大阪ですが、多拠点生活してます)

基本パソコン1台で仕事ができるため、フットワークはかなり軽めです。

今までの活動内容

私が株式会社として今まで活動してきた「Amazonアカウント復活代行サービス」についてです。

苦しんでいるセラーを救いたい

Amazonには普段使うアカウントとは別に、販売専用の「出品用アカウント」というものがあります。

そんな「出品用アカウント」が規約違反で停止になってしまうと以下のような損害が発生します。

アカウント停止が招く損害一覧
  • Amazonに預けている売上金は全額没収
  • 今後予定していた販売利益はゼロになる
  • 大量の不良在庫が一気に発生してしまう
  • ストア開設の手間と費用が全て無駄になる
  • 出品用アカウントが二度と作れなくなる

実はアカウント停止と聞いて、世間一般の人が考えるような「ただアカウントが動かせない」程度の話でなかったりします。

売上金を数百万円没収された上、今後の販売利益がゼロになってしまうということは、いわば「貯金」と「仕事」を全て奪われるようなものです。下手すると借金が増えるどころか明日破産します。

アカウント停止のせいで、自己破産した経営者を今まで何人も見てきました。

このようにAmazonアカウントの停止が、経営者としての致命傷につながることもしばしばです。

そんなお困りのAmazon事業主を一人でも救うための情報を発信するために、当サイトを立ち上げました。

僕自身も苦しんだことがある

私自身もAmazon初心者だった時に、何度もアカウント停止を食らったことがあります。

吉田航基

夜中にAmazonからのメールを見て一睡もできずに夜を明かしました

そしてネット上で調べて、色んな方にサポートをお願いしたのですが、以下のようなサポートばかりでした。

  • 問い合わせしたのに無視された
  • 結局メルマガに登録されただけだった
  • 何十万も先払いしないと相談すらできない

そのため結局誰にも頼ることができず、かなり苦しんだ経験があります。だからこそアカウント停止になった時の不安感や焦燥感は私には痛いほどわかります。

ネット上には怪しい業者はたくさんいても、本当の意味で助けてくれる人は一人としていませんでした。

これが今、Amazonアカウント停止 復活代行サポートに本気で取り組むことになった原点です。

現在のアカウント再開実績

Amazonでは「改善計画書」をAmazonに提出することで、どんなアカウント停止原因であっても再開させることが可能です。

しかしアカウントを取り戻すためには「数千文字の分量でAmazonが求めている内容」を提出する必要があります。

しかし改善計画書を、初めてアカウント停止になった方が一人で書き上げるのはかなり難しいです。もし数千文字書き上げたとしても、その内容は「相手が求めている文章」とは大きくズレていることがほとんどです。

そのため何十回提出しても再開できず、そのまま諦めてしまう方が多いのが現状です。

弊社のサービス

そんなお困りの事業者を救うべく、2018年からAmazonアカウント復活代行サポートを開始いたしました。

2018年より毎月20件前後のアカウントを再開させてきた結果、4年間で合計500件以上の再開実績を達成しました。

また上場企業を含む多くの法人企業(ご依頼主の半数が法人様です)からもご相談いただいております。

ひよこ

2022年現在、21種類以上の停止原因に対応可能です。

過去に解決した再開事例データは、以下よりご覧いただけます!

当サイトの「いま」と「これから」

当サイトの紹介と、今後のサイト方針についてです。

当サイトで「伝えたい」こと

当サイトでは、主にAmazonアカウント停止でお困りの事業者に向けた情報発信をしています。

経営者はみんな孤独です。

Amazonアカウント停止のようなトラブルが発生したときに、誰にも相談できずに不安でいっぱいになります。

僕自身も同じく、そんな孤独な経営者の一人でした。

だからこそ復活代行サポートを受けていただいた方に限らず、当サイトをご覧頂いた全員のお役に立てるような情報を発信します!

具体的には、アカウントの停止原因停止状況に応じた記事を掲載しています!

2022年時点で判明している停止原因(21種類)は全て個別記事にしてあるので、あなたにとって有益な情報がきっと見つかるはず…。

他にも改善計画書の書き方や、Amazon部署の考察記事など、Amazonセラーに役立つ様々な記事をご用意しています!

あわせて読みたい
Amazonサスペンド対策入門|あらゆるリスク事例を紹介! どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です! 今回はAmazonサスペンド対策入門記事です。 Amazon販売は、実はリスクだらけです。現在も突然サスペンドとなってしまった事業...

ニッチな問題解決サイトを目指して

今後ともお困りのAmazonセラーに向けて、あらゆるお悩みに対して解決方法を提示できるようなサイトを目指していきます。

一口にAmazonアカウント停止と言っても、未だ知られていない停止原因や見たことのないメール文面など、まだまだ謎の多い分野であることに変わりありません。

今後はサイト内の記事を増やして、どんな状況・停止原因でも助けることができるサイトを目指します。

またAmazon物販に限らず、さまざまなお悩みを抱える事業者に対して、微力ながら解決策を提示できないかと思案中です。Amazonセラーに限らず悩んでいる経営者は数多くいるはずです。

しかし起業する時って人脈もなければ、知識豊富なわけでもないですよね。

もはや何が分からないのかも分からない状態です。僕もそのせいで幾度となく痛い目にあってきました。

何もわからないまま、一人ぼっちでトラブルに立ち向かう恐怖感は計り知れません。

だからこそ今後はAmazon物販以外にも、さまざまなお悩みを抱えている経営者に喜んでもらえるように、このサイトを通じて事業展開していければと考えています。

現在は主にWebマーケティングサイト制作などに挑戦中です!

弊社ではホームページやブログ制作の依頼も多いので、
もし機会があれば相場より安い値段でお引き受けさせていただきます。

物販以外に自社サイトを持ってサービスを展開していくことで、大きなリスクヘッジになりますよ。
名刺代わりになりますし、ネット広告を貼れば自社サービス・商品を販売できます。

以下、それぞれのプランで弊社が制作したHPです。製作期間の目安は数日〜1週間前後です。

参考サイト① 2021年10月に約15万円で制作
参考サイト② 2022年4月に約15万円で制作

名刺やロゴを作ったり、チラシ作ったり、何かと幅広いのでAmazonに限らずお困りの際はぜひご相談くださいね!

最新情報はSNSで発信中!

無料LINE相談

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
“LINE無料相談”を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので
メッセージいただければ、すぐに対応いたします!

Twitterでの情報発信

また最新情報は“Twitter”でも毎日発信中です !
ぜひフォローしてください!

Content
閉じる