Amazon「追跡可能率」まとめ|95%未満でアカウント停止です。

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

今回は追跡可能率(VTR)が原因でアカウント停止になった場合のまとめ記事です!

追跡可能率が低い場合、アカウント停止や出品者出荷の権利を剥奪される場合があります。

あわせて読みたい
Amazonで「商品の出品者出荷が無効」になる停止条件とは!? 今回はAmazonで「商品の出品者出荷が無効」になった場合の停止条件をまとめました。「出品者出荷の停止」は売上金ごと凍結されるため、メール文面以上に状況は深刻です。
Content

追跡可能率(VTR)を考察してみた

2021年4月1日 追跡可能率(VTR)の適用開始

2021年4月1日から適用された追跡可能率(VTR)のパフォーマンス指標。

記事作成時点でも、追跡可能率が原因で停止になった方からの依頼を受けることが多くなってきました。

セラーフォーラムではまだアカウント停止情報はないですが、少しずつ日本Amazonでのアカウント停止が発生しており、実際にご依頼いただいております。

なお現状では主に米国Amazonで発生することが多いイメージです。

米国Amazonで適用された内容は、少ししてから日本Amazonでも適用されることが多い傾向にあります。そのため今後、日本Amazonも同じように追跡可能率で大量に停止になる可能性があります。

追跡可能率(VTR)ってどんな指標?

追跡可能率とは、どのような指標なのでしょうか?

具体的には「過去30日以内の2000円以上の注文の中で、追跡番号が入力されている注文の割合」です。

日本Amazonにおいて追跡番号が適用される配送業者は以下の通りです。(国際配送も含みます)

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本郵便
  • 4PX
  • China Post
  • DHL
  • FedEx
  • SF Express
  • SFC UPS
  • Yanwen
  • YDH
  • Yun Express

追跡可能率(VTR)

*逆に言えば「西濃運輸」「福山通運」「日本通運」などは、いくら追跡番号を入力しても追跡可能率には反映されず、数値は悪化してしまいます。

吉田航基

2000円以上の商品は全て上記の配送会社の「追跡あり」で出荷するのがベターです。

デジタル配送系の商品(Excelのシリアルコード等)は、追跡可能率に換算されないようです。

追跡可能率(VTR)の注意点

追跡可能率は外部サービスを無理矢理Amazonのシステムに換算しているため、かなり大雑把です。

そのため入力方法によっては、追跡番号が反映されない場合があります。

  • 追跡番号の入力間違い

番号の入力ミスはもちろん、最後にスペースや「,」を入れていた場合、全角数字の場合にも反映されません。

  • 配送会社の反映ミス

お問い合わせ伝票番号は、一度でも配送業者によるスキャン記録があれば有効とみなされます。逆に言えば配送業者が反映ミスした場合には反映されません。

  • 配送会社が対応していない

「西濃運輸」「福山通運」「日本通運」など、Amazonの配送業者一覧に表示されていない配送会社は、いくら追跡番号を入力しても一切反映されません。

  • 出荷通知と集荷の時間差

例えば金曜日の夕方にポスト投函して出荷通知を出したとしても、実際に集荷・スキャンまでに数日空く場合は、追跡番号は無効となる場合があります。なるべく集荷・スキャンされる当日に出荷通知も送信するのがベターです。

追跡可能率(VTR)でアカウント停止になる!?

「追跡可能率」では、おおよそ以下のような文言のメールが届きます。

有効な追跡率が次のカテゴリで目標の95%を下回っているため、この措置を講じました。
出品者は、すべてのカテゴリーの出荷の少なくとも95%に対して有効な追跡番号を提供する必要があります。

出品者が履行した販売特権を復元するにはどうすればよいですか?
販売者が履行した販売特権を回復するには、次のことを説明する行動計画を提出してください。

-有効な追跡番号を提供しない根本的な原因。
-有効な追跡番号を提供するために実行したアクション。
-今後有効な追跡番号を提供するために行った手順。

追跡可能率で停止になることはないと油断していると、突如このようなメールが届いて停止になってしまいます。

*こちらは米国Amazonの文面を翻訳したものです。

弊社の経験上は70%や40%でアカウント停止になっているのを確認しており、95%以下ならいつどのタイミングで停止になってもおかしくないようです。

なお追跡可能率を含むパフォーマンス違反の場合、出品者出荷のみが停止されます。

あわせて読みたい
Amazonで「商品の出品者出荷が無効」になる停止条件とは!? 今回はAmazonで「商品の出品者出荷が無効」になった場合の停止条件をまとめました。「出品者出荷の停止」は売上金ごと凍結されるため、メール文面以上に状況は深刻です。

追跡可能率(VTR)を再開させる方法

追跡可能率(VTR)の改善計画のコツ

改善計画を書く際に重要なのが、メールに記載されている以下の3項目です。

-有効な追跡番号を提供しない根本的な原因。
-有効な追跡番号を提供するために実行したアクション。
-今後有効な追跡番号を提供するために行った手順。

改善計画は上記項目に沿って記載するのが大前提です。なるべく具体的に書きましょう。

有効な追跡番号を入力できなかった理由と今後の対処法が、必ず見つかるはずです。

大前提に、追跡可能率を満たしていない時点で今回のストアは規約違反です。

そのため、今回の追跡番号の問題がなぜ発生してしまったのかを具体的かつ論理的に書き上げる必要があります。この原因部分が肝です。

追跡番号の入力ミス、配送会社の選択ミス、配送方法のミスなど、状況によって必ず原因があるはずです。

追跡可能率(VTR)から復活できるのか

この「追跡可能率」は謎が多いですが、実際に再開する方も多く悲観する必要はありません

経験上、Amazonの担当者は全ての改善計画を目視でチェックしているため、問題ないと判断されれば再開できるようになっています。(ロボットでもないし、完全な無視もありません)

ひよこ

じゃあ諦める必要はないんだね

吉田航基

改善計画次第でちゃんと再開できますよ

もちろんAmazonが求めている内容を提出できない限り、何十回提出しても再開できないため、最大限コツが必要です。

僕自身、3000文字程度は改善計画を記載して別ファイルも添付することでかなり作り込んで再開させています

どうしても再開できない場合

ネット上に一切テンプレなどが転がっていないこともあり、ここから再開させるのは難しいと考える方も多いと思います。

そのためお困りの方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。

500件以上の再開事例を基に、状況に合わせた最善の改善計画をご用意します。

現在再開できていないのは、たまたまAmazonが望んでいる文章で提出できていないだけかもしれません。

そのため、再開する可能性は十分にあるので全力でもう一度やってみる価値はあります。

吉田航基

特に数十万円、数百万円の売上金がある方は非常にもったいないです

どの場合であっても、数千文字でのしっかりとした改善計画を提出することが必要です。今までの再開事例を基にしてしっかりとした改善計画を作成いたします。

弊社ではAmazonアカウント停止&閉鎖の復活代行サポートを実施中!無料電話&メール相談OK!専門家の私が全力でサポートいたします。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...

Amazon追跡可能率(VTR)まとめ

以上、Amazon追跡可能率(VTR)まとめでした。

新しくアカウントを作るには、2021年現在では相当な手間が必要です。

そのためせっかく作った停止アカウントは放置せずに、最後まで諦めず最善を尽くしてみるのがおすすめです!

ひよこ

他にAmazon関連の記事はないの?

吉田航基

Amazonお悩み相談室カテゴリに網羅されてるよ!

Content
閉じる