Amazonブランド事前承認(ブランドに誤りがある)違反まとめ

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です!

今回はAmazonのブランド違反が原因のアカウント停止について解説していきます。

ただ正直、突然「ブランドが…」と言われても、ほとんどの方は?だと思います。

そのため今回は具体的に何が問題となっており、どう改善計画を描くべきかを解説していきます。

Content

Amazonのブランド違反の原因

ご利用のAmazon出品用アカウントを一時的に閉鎖し、出品情報を削除させていただきました。以下の問題が解決されるまで、出品者様へのお振込みは保留されますが、アカウント残高はそのままとなります。

この措置の理由

出品者様は、ブランドに誤りがあり、第三者の権利を侵害している ASIN に対して商品を出品しています。これは Amazon のポリシー違反に当たります。また、以下のブランドの商品を出品するには、事前に承認が必要となります。購入者に安心してお買い物をしていただくために、Amazon では特定の商品とブランドの出品に追加の承認が必要となる可能性があります。

Amazonにおけるブランド違反を一言で言うと、出品ASINの商品詳細ページのブランド名(商品名の下に記載)がブランド権利者の考えている記載とは異なっているということです。

例えば、SEIKOの時計を出品する場合、ブランド名に「SEIKO」と記載されている商品詳細ページに出品登録しなければなりません。

しかしSEIKOの商品を「CASIO」とか「ノーブランド」と記載されている商品詳細ページに出品していると、虚偽のブランド名で出品登録しているとみなされて、アカウント停止となります。

おそらくブランド申請が必要な商品なのに、別のブランド名にして誤魔化して出品登録するセラーが増えたせいで、取り締まりが厳しくなったものと思われます。

そのため出品登録する際はブランド名に間違いがないか気をつける必要があります。

Amazonのブランド違反の考察

Amazonブランド違反について色々と考察してみました。

商品ページに出品しただけでOUT

そもそも「商品ページのブランド名を作成したのは私じゃない!」と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、その言い訳はムダです。

今回は、規約違反の商品ページに「気づかずに出品登録した」こと自体が問題とされています。

商品ページを作っていなくとも、そこに出品してブランドメーカーに迷惑をかけた以上、規約違反に加担したのと同じという考え方です。

そのため、それに対する改善計画を記載する必要があります。

少なくとも私は悪くない!といったスタンスでは再開できないので注意しましょう。

偽造品の疑いもかけられている

実は今回の問題は、単純な商品ページの確認不足だけを指摘されているわけではありません。

結局のところ、「偽造品を販売しようとして」ブランド申請手順をすり抜けて虚偽のブランド名で出品したのでは?という疑いをかけられています。

ひよこ

一体なぜ…?

吉田航基

偽ったブランド名で偽物を売り捌くセラーが多いんですよね

そのため、偽造品を出品しようとしていたわけではない説明や、今後偽造品の出品を防ぐための対策方法を合わせて記載する必要があります。

ブランドごと商品削除が必要

指摘商品は、必ず商品情報(SKU)ごと削除することが重要です。

さらに今回はブランドごと問題になっているので、同じメーカー / ブランドの商品は全て商品情報をセラーセントラルの「在庫管理」から削除しましょう。

たまにアカウント復活後に指摘商品を再出品する方もいますが、Amazonはシステムで再出品を監視しています。数ヶ月後に再出品した瞬間にアカウント閉鎖になった方を知っているので、気をつけましょう。

ブランド違反の改善計画のコツ

すでにブランド違反でアカウント停止になってしまった方は、今後2度と問題を発生させないための改善計画を作成・提出する必要があります。

なお請求書の提出は求められはしますが、必須ではありません。

基本的に請求書を提出してしまうと、藪蛇をつつくことが多い上に不備が見つかったら訂正できないため、基本的には文章を中心に再開させる必要があります。

吉田航基

過去にも何件か再開したケースがあります。

ただし個々の状況に応じた書き方で偽造品に関する対策も含める必要があるため、数千文字の改善計画を提出する必要があります。何から書けばいいのかわからずお困りの方は、まずは一度お声かけください。

弊社ではAmazonアカウント停止&閉鎖の復活代行サポートを実施中!無料電話&メール相談OK!専門家の私が全力でサポートいたします。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...

Amazonブランド違反の情報まとめ

以上、Amazon「ブランド違反」停止案件まとめでした。

意外と請求書を提出せずに再開できるケースは多いため、まずは請求書ではなく文章を中心とした改善計画を提出しましょう。もしお困りの方は、ぜひ一度私にお声かけください。

きっと何かお力になれると思います。

ひよこ

他にAmazon関連の記事はないの?

吉田航基

Amazonお悩み相談室カテゴリに網羅されてるよ!

Content
閉じる