Amazon商標権侵害(偽造品)の対処法まとめ|再開に向けたコツを解説します!

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です!

今回は商標権侵害でアカウント停止になった際の改善計画に役立つ情報まとめです。

商標権が「どのような権利で、どう改善計画を書くべきか、具体的に再開率はどの程度か」などを解説していきます。

Content

商標権侵害ってどんな権利?

商標権侵害とは何か

商標権侵害とは「商品」や「役務(サービス)」に使われる文字やロゴを守るための権利です。

例えばセブンイレブンの場合、「セブンイレブン」という名称と「セブンのロゴ」の2つを商標権をして登録できます。

アカウント停止時には以下のような文面のメールが届きます。

停止時の通知例①

停止時の通知例②

知的財産権侵害のメールはさまざまな種類があるため、上記の文面とピッタリ同じであるとは限りません。

商標権侵害の特徴

知的財産権の4権利の中でも一番事例が多いのが商標権侵害でした。

出願件数が特に多いことももちろんですが、特許権や意匠権と比べると一般商品にも一つずつ登録されていることが多いためだと思われます。

そのため知的財産権=商標権だと誤解してしまう方も多いのですが、実際は他の権利侵害(特許権・意匠権)の可能性もあるので、しっかりと通知文面を確認しましょう。

また商標権の特徴の一つとして、商品・サービスの「名称」の権利だということです。

つまり実際に商品を販売していなくとも、商品ページに商品登録をしただけで「商品名称」を利用しているので権利侵害にあたります。たまに誤解している方もいるので要注意ですね!

「偽造品」は商標権のことです

意外と知られていませんが、Amazonのメールに記載されている「偽造品」とは商標権のことです。

ひよこ
偽造品って真贋とは違うの?
吉田航基
Amazonにおける真贋と偽造品は全く異なります

偽造とは何ですか?

偽造は、商標権の侵害の一形態です。偽造とは、商標権者が提供していない商品の販売に関連して、登録商標、または登録商標に酷似するマークを違法に複製することです。

偽造の場合、商品またはパッケージで、登録商標が使用されます。

不正に登録商標を使用することなく、異なる商品詳細ページに類似の商品が出品される場合、その商品の外見が商標登録済みの商品に似ているか全く同じに見える場合でも、偽造品ではありません。ただし類似の商品は、他の知的財産権(意匠権などや、他の法律(不当競争法など)に違反する場合があります。

Amazon知的財産権ポリシー

つまり他社の商標権侵害は、Amazon的にはもはや「偽造」扱いなんですね。

そのため真贋だと勝手に思い込んで、真贋用の改善計画を送らないようにしましょう。偽造と記載があったら、それは商標権侵害への対策を記載する必要があります。

商標権侵害から再開に向けて

改善計画の書き方のコツ

まずは今回の商標権の問題がなぜ発生してしまったのかを具体的かつ論理的に書き上げる必要があります。この原因部分が肝です。なるべく具体的に書きましょう。

次にその原因部分に対応させる形で今後の予防策を徹底的に記載していきましょう。特に今後の仕入方法や商標権侵害が発生しているかどうかのチェック方法は必須ですね。

商標権侵害が発生した理由と今後の対処法が、必ず見つかるはずです。

なお商標権侵害は特許庁特許情報プラットフォーム|J-PlatPat [JPP]にて調査することが可能です。

商標権侵害からの再開事例

商標権侵害については再開する方も多いので、悲観する必要はありません

ただアカウント再開に向けて数千文字でのしっかりとした改善計画を提出することが必要です。

もちろん文字量だけでなく、状況に合わせた内容で具体的かつ端的な改善計画に仕上げることができれば、無事審査を通過できる可能性が高いです。

過去に再開した数百件分のお客様の声はこちらのページに掲載中です!

どうしても再開できない方へ

アカウントを取り戻すためには数千文字の分量で「Amazonが求めている内容での改善計画書」を提出する必要があります。

しかし改善計画書を、初めてアカウント停止になった方が一人で書き上げるのはかなり難しいです。もし数千文字書き上げたとしても、その内容は「相手が求めている文章」とは大きくズレていることがほとんどです。

提出回数が増えるごとに相手の反応は冷たくなっていき、再開しづらくなっていきます。そんな少ないチャンスに見当違いの文章を提出して、アカウント再開の機会を逃してしまうのは非常にもったいないですよね。

そんなお困りのセラーのため、弊社では合計500件以上のアカウント再開実績を通じてAmazonアカウント停止&閉鎖の復活代行サポートを実施中です!専門家の私が全力でサポートします。

ひよこ

あなたのアカウントと売上金を取り戻します!

吉田航基

お困りの方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。

過去に再開した数百件分のお客様の声はこちらのページに掲載中です。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...

商標権侵害の対処方法まとめ

以上、商標権侵害の対処方法まとめでした!

アカウント停止という困難に立ち向かうためには、正確な情報を掴んでおく必要があります。特に改善計画書の提出に関わる情報は重要ですね。

この記事を参考に、再開に向けて頑張っていきましょう!

ひよこ

他にAmazon関連の記事はないの?

吉田航基

Amazonお悩み相談室カテゴリに網羅されてるよ!

Content
閉じる