MENU
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

Twitter「API呼び出しの回数制限を超えました しばらくしてからやり直してください」の最新情報まとめ

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

今回は、Twitterの「API呼び出しの回数制限」について解説していきます!

実は2022年3月からTwitterアプリの「通知欄」にAPI呼び出しの回数制限を超えました しばらくしてからやり直してくださいという通知が届いて、しばらくの間、通知画面を更新できない事例が相次いでいます。

ひよこ

2022年6月時点でも続いているよ!

吉田航基

初めて届いた時は僕もビビりました…

Content

API呼び出しの回数制限」 とは

どうやら2022年3月25日から始まり、ここ数ヶ月間ずっと続いている仕様のようです。

通知が届くとどうなるのか

Twitterでいいねやフォローなどをしまくっていると、作業途中で以下のような通知が届きます。

この通知が届くと、上にスクロールしても「タイムライン」や「通知画面」が更新できなくなります。

Twitterを再起動しても直らないので、実際になってみると非常に怖いです。

こちらの通知が表示されると、やたら操作が遅くなることが多いので、もしかしたら通信速度も制限されてしまうのかもしれません。

Twitterによる故意的な通信制限

これはTwitterのエラーや不具合ではなく、故意的な通信制限です。

イメージとしてはスマホの通信速度制限をイメージすると、わかりやすいかもしれません。

つまり今回の通知は「API呼び出しの回数制限」は「短時間で作業しまくってない?各アカウントごとの回数制限超えちゃったんだよね…少し落ち着こうぜ」という意味です。

「API呼び出し」とはTwitterとの通信のことです。

「回数制限」については、実はTwitterでは1アカウントあたりの「作業の回数制限」が決められています。

大量通信をされてしまうと、Twitterとしてはサーバー過多になって止まっちゃうかもしれませんからね。

そのため、短時間で更新ボタンを押しまくったりすると、読み込み回数の上限に達して今回の通知が届いてしまう可能性があります。

実際にここ数ヶ月「API呼び出し」が届くことが、ツイ廃の代名詞のようになってきました。

基本的には15分放置で解決する

Twitterでは基本的に「15分ごとのAPI(通信回数)」で上限が決められています。

そのため今回の問題も15分経過すれば、勝手にこの通知文面が消えて、通知内容が読み込めるようになります。

僕自身も通知を見てから10分過ぎたあたりで、再び読み込めるようになりました。

そのため、通知が届いて不安になっている方は、とりあえず15分ほど放置して見ましょう。

ただし1時間おき、1日おきなど、細かく通信回数の上限が定められているので注意です。

API制限の回数を考察してみる

API制限回数については、こちらのサイトが詳しいです。

Twitterではツール等を動かすときは、必ずTwitterの裏仕様(APIの使用上限)を確認する必要があるので、Twitter関連のアプリを作っている方は、それらのデータに詳しいことが多いです。

そのため、アプリ制作用のAPIデータを公開している方は、非常に参考になりますね。

こちらのデータを見る限り、いいねやフォロー数というよりは、「タイムライン」「通知」などを読み込んだ回数について、問題にされている可能性があります。

そのためタイムラインや通知が気になって、上スクロールで読み込みを繰り返してしまうと、今回のAPI制限を食らう可能性があります。

またTwitter用のツールを使いまくったり、作りの甘いツールを使っているとAPI制限を食らう可能性があります。

いいねやフォローの押し過ぎによる警告については、こちらのページを参照ください。

15分経過しても解決しない場合

アカウントによっては15分で解決できない場合もあるようです。

上記のアカウントは具体的な追記はありませんでしたが、いつの間にか解決しているようなので、ずっと続くような問題ではないようです。

またブラウザ版TwitterであればAPIの制限を受けないようです。

今回の通知がどうしても消えない方は、ブラウザ版を使うのもおすすめです。

ただし、調子に乗っているとシャドウバンやアカウント停止もあり得るので、基本的には通知が届かない限度でアプリ版を楽しむのが一番な気がします。

API呼び出しの回数制限|まとめ

以上、Twitterの「API呼び出しの回数制限」最新情報でした。

まずは15分経過するのを待って、次回以降は時間を区切って作業したり、ブラウザ版を利用するようにしましょう。

ひよこ

他にTwitter関連の記事はないの?

吉田航基

こちらも参考にどうぞ!

Content
閉じる