カテゴリから探す
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

【全国旅にっき】北海道で北国ノマド|1ヶ月プチ移住してみた感想

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

今回は2022年8月に北海道にプチ移住した際の旅記録です

涼しい北国でのんびり1ヶ月ノマド生活していたので「都会」「温泉街」「秘境」に分けてご紹介します!

Content

北海道で暮らしてみて一言。

北海道暮らしを1ヶ月続けた感想は「暮らしやすい!」の一言に尽きますね!

夏の北海道は平均25℃前後なので、おそらく人類が一番暮らしやすい気候です。東京とは天と地の差があります。

やっぱり暮らしていて楽しい場所にいると、仕事自体も捗る気がします。

基本は都会や温泉街のカフェで仕事しながら、たまにレンタサイクルとか原付を借りて大自然を巡ってみたり…。わりと幸せ度が高いですね。

あとは秘境エリアへのアクセスがめんどいので「バイク欲しい!」と100回は思いました。

とりあえず帰ったらプライベートでバイク免許取得しようと決意しました。

こちらを読んでから行きました!

僕の北海道周遊ルート

今回の北海道周遊ルートはこんな感じです!

釧路IN>根室>知床>川湯温泉>網走>旭川>富良野>札幌>洞爺湖温泉>登別温泉>新千歳OUT

以前に一度、函館や小樽、稚内経由で樺太に抜けたことがあるので、今回は除外しました。あと帯広は安いゲストハウスがなくて断念しました。

とりあえず、各地の一言感想を書いてみました。基本的にノマドベースで判断しています。

  1. 釧路・・・田舎…。タリーズが1個あるくらいでカフェがあまりなくてノマドしづらい。。釧路湿原は絶景なので一見の価値あり。ゲストハウス プルーフポイント宿泊。
  2. 根室・・・田舎…。カフェが少なすぎ田舎すぎ。根室半島は意外と穴場の絶景スポット。B級グルメのスタミナライスがうまい。TOMAYAネムロマンに宿泊。
  3. 知床・・・そもそもネットが通じないのでノマドは不可能。知床五湖と知床峠は一見の価値あり。わざわざレンタカーを借りて行きました。
  4. 川湯温泉・・・PH1.0に近い硫黄泉がやばい。ビジターセンターがカフェになっていて、意外とまったりノマド可能。近くで原付を借りれるので摩周湖まで行ける。川湯温泉ゲストハウスNOMY宿泊。
  5. 網走・・・田舎。古き良き国鉄時代の駅舎。ノマドはしづらい。民宿ランプ宿泊。
  6. 旭川・・・ここは天国。スタバがあって素敵な公園があっておしゃれなゲストハウス(アサヒカワライドがある。動物園だけ行くやつはニワカ。ゲストハウスの猫が可愛い。
  7. 富良野・・・ホステル(HOSTEL TOMAR)が超素晴らしい。富良野駅周辺にはカレー屋しかないので、中富良野まで行く必要がある。
  8. 札幌・・・円山公園のスタバがおしゃれ。毎日スープカレー。ゲストハウス SappoLodge宿泊。
  9. 洞爺湖温泉・・・ここは天国。まったりノマド可能。山岳カフェと万世閣ホテルのカフェが素晴らしい。ゲストハウスポンコタンゲストハウスHIDE宿泊。
  10. 登別温泉・・・ゲストハウス(登別ゲストハウス 赤と青)がおしゃれ。駅周辺はノマドしやすい。ただ温泉街は「ミルキーハウス」くらいしかノマドできない。

基本的に道東エリアのノマドのしづらさは異常。世界観が昭和の国鉄時代のままでした。

旭川あたりから、スタバが登場するので非常に仕事しやすくなります。

エリア別のおすすめスポット

都会エリア

旭川の街並み

旭川のスタバ

旭川のカフェ

札幌の街並み

札幌の公園

札幌のカフェ

温泉エリア

川湯温泉

川湯温泉のカフェ

洞爺湖温泉

洞爺湖温泉:山岳喫茶

洞爺湖温泉:万世閣カフェ

登別温泉

登別温泉:地獄谷

登別温泉:大湯沼

秘境エリア

知床五湖

知床峠

釧路湿原

昭和新山

摩周湖

北海道ノマド生活まとめ

1ヶ月ノマド生活をしてみて、意外と仕事と旅が両立できることにあらためて気がつかされました。

むしろ家に帰ってから刺激が少なくて仕事に身が入りづらい状況です。

また旅する機会を伺いつつ、お仕事頑張ります!

吉田航基

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ひよこ

ばいばーい!

Content