アドセンス審査対策

【最新版】WordPressで大量にメディア(画像)ページがインデックスされる原因と対処法

カメラと写真

こんにちは、吉田航基です。

今回はWordPressで画像(メディア)ページが大量にインデックスされていた時の対処法です。

これがインデックスされてしまっていると、「価値の低い広告枠」の原因になってアドセンスに合格しにくくなったり、SEOに悪影響を及ぼします。

ひよこ
ひよこ
ほんと!?すぐ消さないと!
吉田航基
吉田航基
順番にお教えしていきますね
アドセンス審査 個別合格サポート

まだ合格できていない方はこちらの個別サポートもチェック!

WordPressのインデックスってなに?

まずは画像(メディア)ページのインデックスってなに??ってところからお話していきますね。

画像(メディア)ページのインデックスとは

「site:自分のURL」で自分のブログの検索結果を見たときに、画像だけのページがインデックスされていること

ひよこ
ひよこ
そもそもインデックスってなに…?
吉田航基
吉田航基
順番に説明していきますね

インデックスとは「自分のブログやその記事たち」をGoogleの検索結果に表示してもらうことです。

ひよこ
ひよこ
ブログを更新すれば勝手に検索結果に表示されるんでしょ?
吉田航基
吉田航基
いやいやGoogleもそこまで暇じゃありません。

実は自分のサイト情報(サイトマップ)や記事情報をGoogleに送ってあげないと、検索結果に表示してくれないんです。

吉田航基
吉田航基
これをやらないと、永遠にあなたのブログは検索流入が0のままです。

そんなインデックス(検索結果に表示されているかどうか)がちゃんとされているかを調べる方法を今回はご紹介します。それは

Googleの検索窓から「site:自分のブログのTOP画面のURL」で検索
吉田航基
吉田航基
僕のブログの場合なら「site:https://hibi-create.com」で検索ですね

これで検索をすると、自分のブログが検索結果に表示されているのかを知ることができます。では一度、自分のサイトを「site:自分のURL」で調べてみましょう。

自分の「記事やカテゴリ・日付ページ」のみ

+画像だけのページとかのわけの分からないページ

要するに画像(メディア)ページのインデックスというものを調べる理由は、

Googleに自分の知らないページが認識されていて、それも含めてGoogleにサイトの価値を判断されている可能性があるよってことです。

記事の質や記事数に問題がない方は、このインデックスを疑ってみましょう!

ちなみに全く自分のブログが検索結果が出てこない人はインデックスがされていない、もしくはYahoo検索でsite:を検索しています。

まずはあなたのブログをインデックスしよう

皆さんはブログを始めた時に、Googleサーチコンソールにサイトマップというものを送信したと思います。

ひよこ
ひよこ
今度はサーチコンソール…?サイトマップ…?

サイトマップがわからない方はこちらのサイトを参考に、まずはGoogleにサイトマップを送信してください。アドセンス以前にこれをやらないと誰にもあなたのブログ記事が読まれません。

また、あなたが記事を更新するたびにサーチコンソール内の「Fetch as google」でブログ情報をGoogleに送信しているはずです。これもしていない人はこちらのサイトを参考に、使い方を覚えてください。


WordPressのインデックスエラーの原因

ひよこ
ひよこ
でもなんで画像だけのページがうまれてしまうの?

原因を探ってみると、WordPressの「All In One SEO Pack」というプラグインの設定ミスが原因のようです。このプラグインが画像だけのサイトマップを作成して送信する設定になっていて、次々と中身のないインデックスが誕生してしまったようなんです。

例えばこちらのブログでも、その原因はご紹介されていますね。

僕は今はそのプラグインは使っていないのですが、昔そのプラグインを導入した時に設定をミスって大量にインデックスされてしまっていたようです。「site:自分のURL」で確認すると50件以上そんな画像だけのページが存在していました。

ひよこ
ひよこ
が〜ん。そりゃ価値低いよね。
吉田航基
吉田航基
60ページ公開して、10ページしか文章がなかったんだね

というわけで、そんな画像だけのページを削除することにしました。

画像インデックスでOKなもの、ダメなもの

Googleに価値が低いと思われるインデックスページとは、

「404エラーになっておらず、文章がないもしくは少ないページ」

です。

あとカテゴリとか月別ページのインデックスは個人的にはあっても問題ないと思います。僕はどちらもインデックスされていましたがそのまま合格していました。

WordPressのインデックス削除方法

今回は3つに分けて画像(メディア)ページのインデックスの削除方法をまとめてみました。

①プラグインの設定ミスを改善しましょう。

それをしないと永遠に画像だけのページが生まれ続けます。(こちらのサイトを参考。ただし404エラーの部分は効果がなかったので後述のサイトを参考にすること)

②その画像だけのページをまとめて404エラーに飛ばしましょう。

どういうことかというと、不要なページは404エラーにしてしまえばGoogleは一切そのページを見ないらしいです。

そのため、アドセンスにはそのページは影響しなくなり、さらにGoogleが訪れないページなのでいずれページが消えていきます。

その方法はこちらのサイトを参考にしました。こちらのサイトの「attachment.php にアクセスがあれば HTTPステータス404を返す」の部分のCSSを「function.php」へコピペで最後列に貼ってしまえば

全ての画像だけのページを404エラーにすることができます。その後site:URLで同じ画像だけのページを開いた時に、「お探しのページはありませんでした」になっていたら完了です。

あなたのブログの価値は今大いに上がりました。ちなみに「function.php」はWordPressの「外観」→「プラグインの編集」にあります。ここのCSSシートの最後列にそのままコピペすればOKです。

③URL削除ツールを使いましょう

参考サイトはこちらです。これもサーチコンソールの中に存在します。

一時的にインデックスから指定のURLの記事を消し去る機能なのですが、これで404エラーになった画像ページを軒並み消すことができます。

これでさらに念押しして価値の低い部分を消しておきましょう。

ちなみにエラーに関しては、Googleの評価は下がらないとのことなので、ここまでしなくてもとりあえずエラー状態にしておけばアドセンス審査には影響しないものと判断しています。

僕も20個ほどエラーが残った状態で合格しました。URL削除ツールはあくまで念押しです。

インデックスの有無とアドセンスについて

アドセンス審査には関係ないという人もいますが、個人的には大ありだと思っています。

15回目の申請では、画像インデックスを404エラーにして削除ツールを通した以外一切何もしていませんが、見事に価値の低い広告枠を抜け出しました。

WordPressでのインデックス対処法|まとめ

あってもいいことが全くないWordPressのインデックスの削除方法まとめでした。

本当にデメリットしかないので、今回の方法を使ってさっさと404エラーに飛ばしてしまいましょう。Googleの評価が上がるきっかけになりますよ。

ちなみに僕は、今回の画像(メディア)ページのインデックスの削除がきっかけでアドセンス審査に無事合格することができました。

2月16日追記アドセンスの壁さんのサイトでは、「Hello the world」というワードプレスのサンプルページを削除したら合格したとの報告が記載されています。かなり詳しく「価値のないページの探し方」について載っているサイトなので、ぜひチェックしてみるといいですよ!

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

ひよこ
ひよこ
ばいばーい!
アドセンス審査 個別合格サポート

まだ合格できていない方はこちらの個別サポートもチェック!

『価値の低い広告枠』から抜け出す記事とは!?| 18回審査落ちした僕が語っていくよ今回は、僕が2019年1月に合格したアドセンス審査で「価値の低い広告枠」の理由で不承認になってしまう時に「価値の高い記事」を生み出して合格するための記事です。僕が試したあらゆる方法の中でも、独自性のある記事を書くことを中心にご紹介していきます。...
アドセンス合格時の女性
【約20000字】アドセンス審査に合格するための全情報まとめ【2019年度版】最近増えてきた「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」についての記事です。2019年1月に18回目の申請でようやくアドセンスに合格したので、ひたすらどうして合格したのかを分析してみました。結論としては不合格には明確な理由があったということが判明しました。...
ABOUT ME
コウキ
信用金庫で1年勤めるも「自由に旅がしたい」と思い退職。物販やブログ執筆などを中心に、自由に旅するフリーランスを目指して生きています。