ライフハック

【実体験】すぐ直る?車のシガーソケットが突然使えなくなった時の原因と対処方法

車に設置されているソケット

こんにちは、ひよこブロガーのコウキです!

あ、あれ…車のシガーソケットが使えない?

コウキ
コウキ
突然こんな状況になったら超怖いですよね。

僕が先日車で旅をしていて、この状態に遭遇したときはかなりうろたえてしまいました。

今回はそんな僕の経験から「車のシガーソケットが突然使えなくなった時」に役立つ対処法をお伝えしていきます。

僕の体験談

シガーソケットが使えない…?

車のソケットを開けてみた

僕はよくシガーソケットを使ってスマートフォンの充電をしているのですが、ある日突然充電できなくなっていることに気がつきました。充電器が悪いのかと思い他の充電器も試してみましたが、全て充電できなくなっていました。

コウキ
コウキ
まさか車が壊れた…!?

「シガーソケット単体が使えなくなることなんてあるの?」と思いインターネットで調べてみました。するとどうやら電圧やワット数が大きい電気製品を差し込むと、シガーソケットの中にあるヒューズというものが切れてしまうようです。

ヒューズ:fuse)は、定格以上の大電流から電気回路を保護、あるいは加熱や発火といった事故を防止する電子部品である。電気回路内に置かれ、普段は導体として振る舞う。しかし何らかの異常によって電気回路に定格以上の電流が流れると、ジュール熱により内蔵する合金部品が溶断(ようだん)し、回路を開くことにより回路を保護する。

引用 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり大量の電力が流れた時に火事にならないように、電気が通らなくなるように自動でヒューズ(回路)が切断される仕組みなんですね。

ひよこ
ひよこ
ヒューズ偉い!

なのでシガーソケットが使えなくなった際でも全く焦る必要はありません。落ち着いて対応するようにしましょう。

車と家庭用の電圧の違いに気づく

というかシガーソケットにそんな大量の電力なんて流したっけ…と思い返したら、少し前に家庭用電気ストーブ(100V)は車で使えたらあったかいなと思ってシガーソケットにぶっ刺してみたことを思い出しました(以下はそのストーブ。当たり前ですが電源は入らず)

ソケットに刺した電気ストーブ
ひよこ
ひよこ
なにやってんだこいつ…

その時は車の電圧と家庭用の電圧が違うことをよく知らなかったんです。車であってもコンセントに刺してしまえばどんな家電製品でも使えるものだと思い込んでいました。

今回の電気ストーブは100V、そして車のシガーソケットの電圧は12V。…そりゃあヒューズの一本も切れますよね。むしろ火事とかにならなくて良かったです。切れてくれてありがとうヒューズ…。(以下の画像にも100Vと記載あり)

電気ストーブの電圧

シガーソケットが使えない場合どうするか

さてシガーソケットですが、調べていくとどうやら3種類の直す方法があるとのことでした。今回はそれぞれの方法について僕の体験談からまとめていきます。

直す方法まとめ
  • 代わりのヒューズを買って自力で直す
  • ガソリンスタンドで相談する
  • 販売店・ディーラーで相談する

①自力で直してみる

まずは自力で直す方法を探ってみることにしました。

どうやらヒューズは車用品店などで数百円で売っているらしいので、車に詳しい人はピンセットなどを使用してすぐに直してしまうそうです。

車に詳しい方は、ぜひ以下のヒューズ詰め合わせをどうぞ。

車の助手席に車の配線があるらしいので、僕も自分で直せるかどうかひとまず状況を確認してみました。

車の配線の場所
コウキ
コウキ
あ、全くわからない…

どの配線がどこに繋がっていてどう直したらいいのか、またどの型番のヒューズを買えばいいのか、全くわからなかったです。

ひよこ
ひよこ
てっきり「シガーソケットはこれ」みたいに下に書いてあるものだと…。

「あっ…」と言って2分ほどフリーズしたのち、配線の蓋を閉めてそのままアクセルを踏んでガソリンスタンドに向かうことにしました。特に僕の場合は外車(ベンツ)なので、下手にいじって悪化はさせられません。

僕の経験上、車の配線はよっぽど車に詳しい人以外は下手に触らないようにしましょう。みても全くわからないですから。

②ガソリンスタンドに相談してみた

実はヒューズを変えるだけなら、千円程度でガソリンスタンドでもやってもらうことが可能らしいんです。そのため工場のある大きめのガソリンスタンドにお願いすることにしました。

ガソリンスタンドの店員さんにお願いして少し待っていたところ、すぐに店員さんが戻ってきて「あの…ウチは外車お断りなんですよ」とまさかの一言を頂戴しました。

コウキ
コウキ
まじかっ!!

まあ確かに国産車とはヒューズの大きさも違えば、失敗した時の損害も大きいので難しいんでしょうね〜。そのため外車でのヒューズ交換は「③販売店やディーラー」の選択肢のみになります。正直超めんどくさい状況です。また別日に行くのか〜。

ちなみに普通の国産車に関しては、ガソリンスタンドでも十分直るので、まずはガソリンスタンドに向かいましょう。逆に僕のような外車オーナーは、無難に販売店に向かうのが一番早い解決方法になります。

③販売店・ディーラーに相談してみた

そして僕が最後に頼ったのが販売店・ディーラーでした。販売店やディーラーの場合、予約が必要とのことだったので別日に向かうことになりました。

当日は鍵を渡してお茶を飲みながら店内で待っていると、大体1時間ほどでヒューズ交換が完了しました。数十分でできると思っていたので思ったよりも時間がかかった印象です。

コウキ
コウキ
皆さんは何か暇つぶしできるものを持っていきましょう。

かかった費用はおよそ2600円でした。外車のためかなり割高です。きっと普通車の場合でしたら1000円前後ではないでしょうか。

外車の方は特に車でムチャはできませんね〜。

もう二度と電圧が違う製品はシガーソケットには刺さないぞと誓い今回のトラブルは無事に解決しました。故障のないマイカーは一段と夕日に輝いて見えました。

夕日に輝く白いベンツ

車のシガーソケットが使えない!?|まとめ

シガーソケットが使えなくなった時の対処法としては、一般人がシガーソケットを自力で交換するのはまずムリです!そのため国産車の場合はガソリンスタンド、外車や高級車の場合は販売店やディーラーにお任せするようにしましょう。

コウキ
コウキ
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ひよこ
ひよこ
ばいばーい!
ABOUT ME
コウキ
信用金庫で1年勤めるも「自由に旅がしたい」と思い退職。物販やブログ執筆などを中心に、自由に旅するフリーランスを目指して生きています。