旅の心得

バックパッカー必見!一人旅がつまらない&孤独を感じる国・場所を発表!

シンガポールの夜景

こんにちは、ひよこブロガーのコウキです!

突然ですが僕はよく一人旅をするのですが、一人旅がさみしいなって感じたことはほとんどありません。実は僕が一番気をつけているのは旅する場所なんです!旅のさみしさと場所はめちゃくちゃ関係しています。

そこで今日の記事はこんな内容です!

  • 一人旅でつまらない&孤独を感じないための旅先選びの方法

一人旅は「旅先」が超重要です

一人旅を聞いて、皆さんはどんなイメージを抱きますか?

ひよこ
ひよこ
正直寂しそう…
コウキ
コウキ
実は寂しい旅にしないためのコツがあるんです!

一人旅はつまらないという方は場所選びを失敗している可能性が高いです。

普通の旅行のイメージで一人旅に行く場所を決めてしまうと、「あれ、一人旅つまらないぞ」と感じてしまうかもしれません。

例えば食事するときも1人でフランス料理のような高級店には入りづらいですよね。女性の場合は一人ラーメン屋でも正直抵抗感を感じてしまうことはありませんか?

実は一人の時と誰かといるときは、楽しみ方も感じ方も全く異なるんです!

そのため一人旅に出るときも一人でも楽しめる場所を選ばないと、必要のない孤独や寂しさを感じてしまいます。せっかくの旅を楽しめないのはもったいないですよね。

一人旅が向いてる場所、向いてない場所を知って楽しい一人旅をエンジョイしましょう

圧倒的つまらない国はシンガポール

今まで僕が10カ国以上を旅してきて、「一人旅がつまらない」と感じた国が1カ国だけあります。それが「シンガポール」です。

コウキ
コウキ
3日ほどいましたが、あの場所ほど孤独を感じた場所はありません。

もちろんシンガポールが「魅力のない国」というわけではないのですが、一人旅に向いてないお手本のような国だったりします。その理由を3つに分けてご紹介します。

理由① ビジネス街の孤独感

シンガポールは、アジアの中継地点としてのビジネス都市です。

ビジネス都市めちゃくちゃ寂しい!!

同じアジアの先進国同士、日本と街並みがあまり変わりません
どこを歩いても、ビジネスマンしかいない高層ビル群を35℃の猛暑の中歩くだけ…

シンガポールのビジネス街
ひよこ
ひよこ
おしゃれな東京のビル街が永遠に続くイメージです。
コウキ
コウキ
ヨーロッパのレンガ街ならまだ楽しめるんですけどね

僕がシンガポールを旅したのは大学生の時です。
ビジネス街が自分とは無縁すぎてつまらなかったのも関係しています

また、大都市はほとんど一人旅での出会いはありません。

沢木耕太郎「深夜特急」に、「ヨーロッパの冬は寒い。しかし、その寒さは宿に帰っても誰もいないという寒さである」という一文があります。

実は都市が大きくなるほど、誰とも話せなくなります。シンガポールにもなると、徐々に人との会話や出会いがいっさい無くなります。

タイやラオスでは、日本人や外国人と一緒に行動できる環境でした。小さな村で通りがかりで仲良くなったり、バスや電車でいろんな国の人と会話を楽しんでいました。また、その場で知り合った大学生の家に居候したりしていました。

「ヨーロッパは一人旅にとっては寒い場所である」という一文は、きっと現代のシンガポールにも当てはまるのかもしれません。

理由② テーマパークの孤独感

2つ目の理由も、シンガポールの孤独感が理由です。

シンガポールがビジネス街ということは先ほどお話ししましたが、それ以外の地域はテーマパークが占めています。ビジネスマンとその家族がターゲットなんですね

テーマパークこそ一人旅で孤独を感じる場所はありません。シンガポール版のUSJの入り口を発見して、写真だけ撮ってみた後の孤独感は半端じゃなかったです。

シンガポールで一人USJ

他にも「マリーナベイ・サンズ」など観光地はありますが、一人観光客も少なかったです。最上階のプールには宿泊客しか入れないので、展望台から横目で見ているしかなく、学生の僕はかなり寂しい思いをしました。

コウキ
コウキ
一人遊園地にいるような気分になります。

またシンガポールには、小さな離れ小島があります。ここ最近観光用に改造されまくっテイる島、セントーサ島です。小さい小島に、遊園地と水族館や植物園を真ん中に作って、その周りをビーチとして開発しているという印象です。

セントーサ島に僕も乗り込んでみましたが、やはり巨大テーマパーク&ビーチでした

セントーサ島で一人ビーチ
コウキ
コウキ
このビーチも一人だと楽しめないんですよね

もちろん男一人で海入っても…という理由もありますが、一番きつかったのが荷物を置けないことでした。どこにも荷物置き場やロッカーが見当たらないんですよね。

一面の青空、白い砂浜。僕は巨大なバックパックを背負い、海岸を歩いていました

ひよこ
ひよこ
なんか韓国の軍隊訓練みたいです

結局テーマパークもビーチも、一人だとあまり楽しめないのかもしれません。

理由③ 物価が世界一

シンガポールはバックパッカー泣かせの国と言われています。

EIU(エコノミスト・インテリジェンス・ユニット)が21日に発表した「世界の生活費」ランキングで、シンガポールは4年連続でトップになっています。

つまり物価が世界一の国なんです!

ひよこ
ひよこ
日本の2倍近く物価が高いんです…

僕は学生時代、ラオス、タイ、マレーシア、シンガポールの4カ国を陸路で回っていたのですが、ゲストハウスの料金は以下の通りです。

  • ラオス・・・500円〜1000円でトリプルベッド個室
  • タイ ・・・1500円でシングルベッド個室
  • マレーシア・・・2000円でシングルベッド個室
  • シンガポール・・・5000円でドミトリー10人部屋

ラオスなら500円払えばトリプルベッドの部屋が借りられたのに、シンガポールだと5000円払っても10人部屋になります。

ひよこ
ひよこ
シンガポールで一気に宿泊費がはね上がりました

ちなみに日本だとドミトリーのゲストハウスは3000円前後が多いです。

シンガポールではアジアの他の国のように豪遊ができません。食事して宿に泊まっただけで1万円を優に超えます。


一人旅がつまらない国の「特徴」

今回のシンガポールのような、一人旅をしにくい国の特徴をまとめてみました。

  • 高層ビルが連なるビジネス街や大都市はやめましょう。
  • つまらないからテーマパークやビーチが多い場所もやめましょう
  • 物価の高い場所もやめましょう。一人ぼっちの節約旅はさみしいから

一人旅をするのなら、日本となるべく違う場所がいいと思います。

僕はやっぱりラオスの村とか、ハバナの街並みとかが大好きです。日本にあるようなビルやテーマパークがないアジアの雑踏や大自然が大好きです。

ラオスのバンビエン村の川ハバナの路地裏とクラシックカー

もちろん、一人旅のやり方は人それぞれです。僕とは違うかもしれません。

皆さんもぜひ自分にあった旅の仕方や旅先をイメージしてみましょう。もし僕と同じだったら絶対に気が合うので、いつか語り合いたいですね。

まとめ|自分に合った旅先を探してみよう!

「一人旅はつまらない」と感じている方は、行く場所次第で「一人旅楽しい」に変わります!ぜひ自分に合った旅先を選んで、楽しい一人旅を満喫しましょう!

コウキ
コウキ
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ひよこ
ひよこ
ばいばーい!
ABOUT ME
コウキ
信用金庫で1年勤めるも「自由に旅がしたい」と思い退職。物販やブログ執筆などを中心に、自由に旅するフリーランスを目指して生きています。