Amazon復活代行サポート最新情報(2020年11月版)

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

「Amazonアカウント停止&閉鎖 最新情報(2020年11月版)」をまとめました!

Amazon復活代行サポート

弊社ではAmazonアカウント停止&閉鎖の復活代行サポートを実施中!無料電話&メール相談OK!専門家の私が全力でサポートします。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...
Content

最新の停止原因と対策

先月は関連付けの問題だけで5件近く依頼があり、非常に多い印象でした。

これは10月24日午前4時-6時の間にAmazonのシステム上でwi-fi関連付けの仕様が変わったことが原因です。この時間帯に一気に停止の連絡が届きました。

「amazon.co.jp出品権限が削除されました」という件名が特徴です

間違いなく10月後半のトレンドはこちらの関連付けでした。多くの方から一気に連絡が来たため、正直なにごとかと思って焦りました。。

傾向としては、過去まで遡って一度でも閉鎖アカウントにログインしたことのあるwi-fiを使っている方が停止になったようです。

最新のアカウント復活事例

直近のアカウント復活事例をご紹介します!

2020年10月1日 真贋ランダム調査

2020年10月6日 出荷前キャンセル率

2020年10月6日 商標権侵害、偽造

2020年10月11日 注文不良率

2020年10月12日 商標権・意匠権侵害

2020年10月13日 商標権侵害

2020年10月13日 真贋通報

2020年10月13日 意匠権侵害

2020年10月18日 商標権侵害

2020年10月19日 正当性のない返金

2020年10月21日 レビュー違反

2020年10月25日 真贋通報

2020年10月28日 注文不良率の悪化

2020年10月29日 アカウント関連付け

2020年10月31日 制限対象商品

2020年10月31日 真贋調査

他にも多くの方から、アカウント再開時に感謝のメッセージをいただいています。

吉田航基
こちらの記事でもサポート実績公開中です!

Twitter(@hiyoko_tabi)でも最新情報を毎日更新中!

Amazonニュース&コラム

最新のAmazon関連ニュース&コラムをご紹介します!

「審査する間、出品を許可」メール

復活時に「出品者様のアカウントについて審査する間、Amazonでの出品を許可することを決定いたしました。」とのメールが届くことがたまにあります。

結論から言えば、その後問題なく全員運営できているので、ただのテンプレであって大きな意味はないものと思われます。

そのため、あまり気にせずで大丈夫です!

関連付け防止とwi-fiについて

現在はログイン時のwi-fiが、他の閉鎖アカウントと紐づいた瞬間停止になります。

リアルタイムで停止にならなくても、ipアドレスのログが残っているため定期的にシステムを一新した際に、持っているアカウントが全滅する恐れがあります。

関連付けを防ぐためには、アカウント作成時から現在まで、徹底してIPアドレスを固定する必要があります。

個人的にはスマホの4G回線で常にログインするのが一番です。wi-fiではないため紐づくことはありません。

出品禁止商品の中でも「ヤバイ商品」

無在庫出品をしている方は、自分がどんな商品を出品しているか全ては把握していないと思います。これがAmazon規約に引っかかる程度ならマシですが、ガチの国家権力が家に尋ねてくる系の商品があります。

それが剥製です。

なんたら条約に引っかかる系の商品は、出品した瞬間に国から捕捉されます。出品登録時に徹底的に検品をするようにしましょう。

十分な正当性のない返金や支払い

10月は1件、謎のアカウント停止を復活させました。

「十分な正当性のない返金や支払い」という謎の理由でアカウント停止になっている方からご相談をいただいたので、改善計画を提出したところ1週間程度で再開できました。

これでこのパターンは再開できることが判明したので、もし同様の文面で困っている方がいらっしゃったら是非ご相談くださいね。

「商品の停止解除」も可能です

最近は商品削除の解除もご依頼いただくことが増えてきました。

基本的にアカウント停止と同じく、商品の証明と改善策をしっかり伝えることができれば商品の出品は許可される傾向にあります。

もし自社商品が削除されてしまい、お困りの方は是非ご相談くださいねm(_ _)m

最近のペイメント部署の傾向

2020年に入ってからペイメント部署が売上金だけを単独で返してくれることが極端に減りました。基本的にアカウント停止を解除しない限り、売上金は返却しない方針に変わったようです。

つまり2021年現在は「売上金を取り返したい=アカウントの再開」の選択肢しかないということですね。

請求書不足の真贋の再開方法

請求書がない&不足している場合も真贋や知的財産権からの再開は十分に可能です。

むしろ弊社依頼いただく場合、完璧な請求書があるパターンは皆無です。気にせずご相談ください。そこからの再開は何度も経験しています。

まとめ|知的財産権に要注意!

以上、Amazon最新情報(2020年11月版)でした。

他の原因とは異なり、アカウントの関連付けからの再開は非常にコツが必要なので、もしお困りの方がいらっしゃったら是非ご相談くださいね!

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...
ひよこ

今までの復活情報はどこにあるの?

吉田航基

最新の復活情報カテゴリに網羅されてるよ!

Content
閉じる