Amazon復活代行サポート最新情報(2021年5月版)

皆さま、初めまして。
株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。

「Amazonアカウント停止&閉鎖 最新情報(2021年5月版)」をまとめました!

弊社ではAmazonアカウント停止&閉鎖の復活代行サポートを実施中!無料電話&メール相談OK!専門家の私が全力でサポートします。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止&閉鎖 復活代行サポート|500件以上の復活実績 皆さま、初めまして。株式会社hibiki代表の吉田航基と申します。 私は現在、Amazonアカウントのリスク専門家として活動しており、法人として合計500件以上の復活実績を...
Content

今月のトレンド解説

今月は後半にかけてパフォーマンス悪化によるアカウント停止が多かった印象です。

例えば出荷遅延キャンセル率注文不良率ですね。もしかすると停止基準が厳しくなった可能性があります。

また顧客からクレームを受ける形で真贋調査コンディション違反によるアカウント停止がいつもより多かった印象です。

知的財産権侵害は今月依頼は非常に少なかったですね。今月は権利者からの通報はあまりなかったのでしょうか。

他には警告や審査の段階で依頼をいただいた方は、4件ほど全て数日で再開しました。なるべく早い段階で依頼いただいた方が再開率はやはり高いですね。

最新のアカウント復活事例

今回は、先月のアカウント再開事例を抜粋してご紹介していきます!

なお最新のアカウント復活情報はTwitter(@hiyoko_tabi)で随時発信しています!

過去に再開した数百件分のお客様の声はこちらのページに掲載中です。 

2021年4月1日 商標権侵害

2021年4月4日 意匠権侵害

2021年4月4日 コンディション違反

2021年4月5日 商標権侵害

2021年4月8日 著作権侵害

2021年4月10日 購入者からの真贋通報

2021年4月12日 半年前の商標権

2021年4月14日 レビュー違反

2021年4月15日 出荷遅延率の悪化

2021年4月16日 アカウント関連付け

2021年4月17日 3年前の真贋調査

2021年4月17日 商標権72時間レビュー

2021年4月17日 商標権72時間レビュー

2021年4月17日 ランダム真贋調査

2021年4月20日 意匠権72時間レビュー

2021年4月26日 商標権侵害

2021年4月29日 キャンセル率の悪化

Amazonニュース&コラム

アカウント閉鎖はガン無視でOK

アカウントスペシャリストから届く返信は、そのほとんどが「ただのテンプレ」です。

特に停止、閉鎖、削除などの言葉は、かなり適当に使われています。

今のAmazonではアカウント閉鎖は存在しないので、僕は文言の差異は完全に無視しています。

誰にでも送られる文面の一語一句に「閉鎖と書かれた」「削除ってもうダメ?」と反応するのは疲れるだけです。ガン無視でOKです。

あわせて読みたい
Amazonアカウント閉鎖は復活可能? 実は「停止と変わらない」んです! どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。 今回はAmazonアカウント閉鎖についての最新情報まとめです。最近は昔と比べ、アカウント閉鎖が再開しやすくなってきています。...

保留注文テロの末路

Amazonでは保留注文テロというものが存在します。

別セラーの商品を大量に注文保留中にして、その間に自社商品を売る手法です

少しの売上アップのためにやったことだと思いますが、やられた側からの通報が積み重なると購入用アカウントも出品用アカウントもある日全て停止にされます。

こういう他人を攻撃するストア運営は、むしろ墓穴を掘ることになるので絶対にやめましょう。

Amazonには隠された収入源がある

Amazonには、実は知られざる収入源があります。

Amazonは主にAWSと呼ばれるサーバー事業を収入源としていることは有名ですね。

記事によると、どうやらAmazon広告関連が伸びているようです。

要するにAmazon内の自社商品を目立たせるための広告で、EC事業者から二重に収益を得ているわけですね。考えれば考えるほど良くできた仕組みですよね。

Amazonプライム会員が2億人を突破

元々化け物じみていたAmazonですが、プライム会員数が2億人を突破したことが判明しました。

日本と韓国と台湾の人口を足してお釣りがくるレベルの人を囲っています。

この情報を見るに、個人的にはAmazonに敵対するのは得策ではない気がします。

どれだけAmazonとうまく付き合えるか、活用できるかが2020年代の企業にとって重要ですね。

KDPアカウントの停止は3種類

KDP(kindle)アカウントは、停止理由が主に3種類あります。

出版者としてkindle本を販売していたら、ある日突然アカウントが停止になってしまうことがあります。

KDPアカウントが停止する理由は主に3点です。  

  • 商品タイトル・内容の規約違反
  • 出版者としての権利確認
  • 他アカウントとの関連付け

詳しくはコチラの記事を参照!

あわせて読みたい
「Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」アカウント停止 最新情報まとめ どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です! 今回は「Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」アカウント停止の考察記事です! このKDPアカウント、実は規約違反でアカ...

2021年5月版 Amazon最新情報まとめ

以上、Amazon最新情報(2021年5月版)でした。

Amazon販売にリスク0はありません。アカウント停止を防ぐためにも、常日頃から最大限のリスクヘッジを心がけていきましょう。

ひよこ

以上、先月分の再開事例でした

吉田航基

過去のアカウント再開事例一覧もご参照ください!

Content
閉じる