MENU
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

専門家が解説!改善計画書の送信方法ガイド【場所は?タイミングは?】

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

今回はアカウント停止時に提出する改善計画について、提出タイミング」や「提出場所」などの最適解を解説します!

ネット上では真偽不明の噂やデマも多いので、それらの情報についても解説していきます。

Content

改善計画を提出する「タイミング」

間違った情報や噂が多い

ネット上に溢れている情報。実のところその多くが誤解や間違いであることがほとんどです。

なぜかというとネット上に投稿している人のほとんどが、自分自身の1回きりの体験を基にしているため、「たまたまその時だけの情報」がかなり多く混じっています(体系的な情報が存在しない)

改善計画を送信するタイミングについても、午前中が返信が来やすい、夜間は返信が来にくいという噂がありますが、それはその人の担当者がたまたまその時間帯に動いていた、というだけです。正解ではありません。

提出する時間帯はいつでもOK

2018年から500件以上再開させてきた経験則ですが、改善計画を提出する時間帯や曜日は「いつでも」大丈夫です。

アカウントスペシャリストは数百人いると言われてます
返信が遅い担当者もいれば、朝起きている担当者もいれば、夜シフトの担当者もいます。

夜中の3時に送ろうが朝の9時に送ろうが、相手の担当者が時間のある時にメールボックスを開いて返信をします

そのため提出した改善計画が相手(Amazon)の求めているものと合致していれば、担当者の時間が空いている時に返信がきて再開します。

「深夜に送ったらなぜか改善計画が届かなかった」みたいな経験は一度もないですし、提出した日時でこちらの不利に働いたことがありません。もし却下されたとしたら、それは内容の問題です。

土曜日の夜3時に送信しても再開する以上、そこを気にするよりは内容を精査する方が有意義かもです。

もちろん常識的に考えれば平日9-17時に送信するべきなのかもしれませんが、そもそも論として相手の担当者が日本時間で動いているのかも、何時シフトなのかもわからない以上、どの常識が正しいのかは分かりません。提出する時間を気にするだけ無駄です。僕自身、基本的には改善計画が完成した時点で送信してもらっています。

提出する日時もいつでもOK

また土日祝はもちろん、年末年始やGWに改善計画を提出しても返信は届くので、改善計画書を提出する日時や曜日は一切気にする必要はありません。

たまにわざわざ週明け月曜日の午前中に送信する律儀な方もいますが、そもそも月曜日の午前中が相手にとって失礼な可能性すらあります(仮にアカウントスペシャリストが米国にいる場合、土曜日の深夜に届きます)

相手担当者の情報がわかっていない以上、いちいち日時や曜日を気にしなくていいと結論づけています。

改善計画を提出する「場所」

提出フォーム?メール送信?

改善計画を提出する方法は2種類存在します。

  • セラーセントラル内の「提出フォーム」から送信する方法
  • 登録メールアドレスに届いた通知に対して返信する方法

実はどちらの方法でもアカウントスペシャリストとやり取りすることが可能です。

ただ、その中でも私は提出フォームから提出するのが優先だと考えています。

これはAmazon側がわざわざ用意してくれた提出フォームなので、それを使った方が相手の求めている方法での提出につながるだろうという観点ですね。

提出フォームに関しては、実は毎回形が変わっていきます(入力フォームが1つだったり3つだったり)

つまり相手(Amazon)が求めている形も細かく変化するのだと思います。それに合わせる形で提出フォームから提出することが最善ですね。

また「no-repry@amazon.co.jp」などの返信不可のアドレスから届くことも多く、メール返信が不確実であることも提出フォームを優先する理由の一つです。

メールしか提出できない場合がある

基本的には提出フォーム優先のイメージですが、以下の3パターンについてはメール優先になります。

  • 提出フォームが消滅した場合・・・一定回数以上改善計画を提出すると「追加情報を提出する」ボタンが消滅してしまい、提出フォームへの入り口が消える場合があります。
あわせて読みたい
Amazonで改善計画の提出フォームに進むボタンが消えた時の対処法 今回はAmazon改善計画の提出フォームのボタンについて解説していきます。このボタン、たまに消えたり戻ったりと謎の動きをすることが多いので、その動き方について解説していきます。ボタンが復活せずに悩まれている方は必見です!

なおメールでの提出も、再開する可能性は十分にあるのでやってみる価値はあります。

吉田航基

僕自身、2020年まではメールで改善計画を提出していたくらいです

文章とPDFは織り交ぜて使う

改善計画はフォームに合わせて文章で提出してしまうのが基本ですが、提出フォームが一つのみ(追加情報)で、かつ文字数制限(2000文字程度)になってしまう場合はPDFで提出してしまってもOKです。

どちらかといえばPDFの方が色分けしやすいので、Amazonにとって見やすいです。

「文章がダメ」「PDFが良い」いうよりも、相手にとってどちらが見やすいかを毎回考えながら使い分けていくイメージですね。

ひよこ

Amazonにとって見やすい改善計画を目指して工夫していこう!

どうしても再開できない場合

アカウントを取り戻すためには数千文字の分量で「Amazonが求めている内容での改善計画書」を提出する必要があります。

しかし改善計画書を、初めてアカウント停止になった方が一人で書き上げるのはかなり難しいです。もし数千文字書き上げたとしても、その内容は「相手が求めている文章」とは大きくズレていることがほとんどです。

提出回数が増えるごとに相手の反応は冷たくなっていき、再開しづらくなっていきます。そんな少ないチャンスに見当違いの文章を提出して、アカウント再開の機会を逃してしまうのは非常にもったいないですよね。

そんなお困りのセラーのため、弊社では合計500件以上のアカウント再開実績を通じてAmazonアカウント復活代行サポートを実施中です!専門家の私が全力でサポートします。

ひよこ

あなたのアカウントと売上金を取り戻します!

吉田航基

お困りの方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。

過去に再開した数百件分のお客様の声はこちらのページに掲載中です。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 株式会社hibikiではAmazonアカウントの停止復活代行サポートを実施しております。これまで合計500件以上の復活実績を積み重ねてきました。今回は サポート料金表・メニューをご紹介していきます。

改善計画提出についての最適解まとめ

以上、改善計画提出についての最適解まとめでした!

アカウント停止という困難に立ち向かうためには、正確な情報を掴んでおく必要があります。特に改善計画書の提出に関わる情報は重要ですね。

嘘や誤解に惑わされないように、最善の方法で改善計画書を提出して売上金を取り戻しましょう!

ひよこ

他にAmazon関連の記事はないの?

吉田航基

事例別まとめ記事も参考にどうぞ!

Content
閉じる