旅の心得

旅行が疲れてしまう人必見|僕が思う「自分に合った旅」とは

天気のいい日に車旅

こんにちは、ひよこブロガーの吉田航基です!

僕は旅行が好きでよく行くのですが、その中でもなぜか異常に疲れてしまう旅行があるんです。最近になって、それは「自分に合った旅」をしていないからではないかと気がつきました。

今回はせっかくの旅行なのにいつも疲れてしまい悩んでいる方へ向けて、「自分に合った旅」をしていく方法をご紹介していきたいと思います。

ひよこ
ひよこ
旅行が疲れる人は必見です

旅行で疲れちゃうのは、自分のペースじゃないから

僕は自分のペースではない旅が疲れてしまう人間なんです。

僕が「この旅行疲れるな!帰りたい!」と思った時を思い返してみると、やっぱり自分のペースの旅行じゃないんですよね。社員旅行とか、友人のペースで旅行していたりとか。

自分の特性を知らないと楽しい旅行はできない

まずは自分がどういう特性を持っているかを知ることで、どういう旅をしたら疲れないのかを考えましょう。

今回、僕が自分の特性を知るために使ったのがユング(1875—1961)の提唱した「内向型」「外向型」という考え方でした。

詳しくは内向型を強みにするという本がオススメです。人間には2種類の疲れ方があるということが書いてあるのですが、これを読むとかなり自分の性格のことがわかりますよ!

その結果、僕の場合は「内向型」の特性を持っていることが判明しました。「内向型」とは外部からの刺激に弱く、疲れやすい特性とのことらしいです。確かに僕は人と長時間いるとめちゃくちゃ疲れてしまいます。

吉田航基
吉田航基
人との食事は始まったら1時間で帰りたくなります。

この結果にかなり僕は驚いてしまいました。だって今まで自分の欠点だと思っていたことが全て書いてあったからです。

でもこの内向型診断はそんな欠点は全て「外部からの刺激にエネルギーを消耗しやすいタイプ」と片付けてしまうからです。なんだか救われていくようでした。

特性に合った一人旅をしてみよう

自分が内向型タイプの人間だということが判明したので、内向型が楽しめる旅を取り入れたら旅行が楽しくなるに違いありません。

僕の場合は、移動の多い旅や人とずーっと一緒にいる旅はあまり向いていないなと思います。そこでひとり旅を中心に自分にあった旅行プランを組み立てていくことにしました。

  • 電車だと疲れてしまうので、車で自分の空間があったほうがいい。
  • 毎日ゲストハウスなどで人に会うのは疲れるので、車中泊も取り入れてみる
  • たまには数日間同じ観光地でのんびりと観光してみる

…など、自分の特性を理解したおかげか、色々と対処法を考えることができました。これで次に旅をするときはより一層疲れることなく楽しむことができそうです!

キャリーバックで一人旅する男性
一人旅の楽しみ方7選!10カ国以上旅した僕が「一人旅は寂しい」というイメージを払拭します僕はさみしがり屋なので、孤独や寂しい旅は大嫌いです。そのためいつも寂しさを感じない一人旅をしています。今回は「一人旅に行きたいけど不安な方に向けての記事」を書いていきたいと思います。これを読めば一人旅が楽しいと感じることができますよ。...

グループ旅行でも自分に合った旅は可能

自分に合った旅はひとり旅じゃなくたって、グループ旅行でもできますよ!

ただし旅行では違うタイプの友人と一緒だと、絶対に疲れます。

例えば、朝はゆっくりとホテルで過ごしていたい自分と、早起きして色々観光したい友人がいたとします。こんなの絶対どちらかが付き合わなきゃいけないので、片方はめちゃくちゃストレスを感じます。

そんなグループ旅行で僕が提案したいのは、自分の自由時間を増やしてみることです。例えば先ほどの例だったら12時にどこどこのレストラン集合にして、それまでは完全にお互いの自由時間にしてしまうという方法です。そのためには事前にお互いのタイプを話し合って、お互いがどちらも楽しめるプランを考えてあげることが大事ですね。

僕の例をあげると、以前僕がサハリンで会った大学生と数日間行動を共にしていた時も同じことを感じていました。僕とは真反対の超外交的な方でした。

サハリン初日、疲れ切った僕はすぐにベッドで就寝していたのですが、その子はロシア人の家族と共有スペースで夜中まで何時間も喋っていたあげく、翌日にはまた別のロシア人と食事に行っていました。逆に僕はその日はカフェに一人こもっていました。

このように特性が違うと、旅行プランも大きく変わってくることを発見しました。どっちかに合わせてしまうと絶対に疲れるので、お互いある程度自由時間をとっておく必要があると思います。

おすすめは3人以上での旅行

2人でストレスのない旅行をしようと思うと、自由時間を作るしかありませんが、グループで旅行してしまえば、タイプ別にグループ分けをして旅行を楽しむことができます。

例えば「外向型」のグループはショッピングしている間、疲れやすい「内向型」のグループはその時間カフェで荷物を見てあげるといったグループ分けができると、お互い充電する時間ができて楽しい旅になりますよね。

疲れない一人旅をする方法|まとめ

旅をする上で疲れないようにするためには、それぞれの特性↓を理解して、旅行プランを立てることができれば、全員が疲れることなく楽しい旅ができます。

  • 「外向的」タイプはなるべく多くの人と話せるような時間
  • 「内向的」タイプは時々一人で落ち着ける時間

以上、旅行が疲れやすい人の対処法まとめでした。

吉田航基
吉田航基
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ひよこ
ひよこ
ばいばーい!
ユジノサハリンスクの街並み
サハリン(樺太)旅行のホテル事情はかなり独特だった。観光におすすめのホテルをご紹介!2018年9月にサハリン(樺太)旅行に行ってきたので、ホテル・ゲストハウスについての情報をまとめました。かなり独特のサハリンのホテル事情。知っていないと歩き回る羽目になるかもしれません...
キューバのビニャーレス渓谷の広場
キューバ旅行が独特すぎる件。観光する前に絶対に必読してほしい8つの要注意事項。こんにちは、ひよこブロガーの吉田航基です! 僕は2018年2月にキューバへ1週間ほどひとり旅へ行ってきました。実はキューバは中南米...

 

 

 

 

ABOUT ME
コウキ
信用金庫で1年勤めるも「自由に旅がしたい」と思い退職。物販やブログ執筆などを中心に、自由に旅するフリーランスを目指して生きています。