MENU
吉田航基
株式会社hibiki 代表
28歳のひよこ経営者。
株式会社hibiki」という会社で活動中。

Amazon物販のリスク専門家として過去4年間で合計500件以上のアカウント再開実績を積み重ねてきました。

当サイトでは、Amazon販売でお困りの事業者に向けたサポート&問題解決に向けた情報発信をしていきます!
\公式LINEですぐに相談できます/

Amazonアカウント停止でお困りの方へ
"LINE無料相談"を実施しています!

夜間・土日祝も常にチェックしておりますので、
一言メッセージ頂ければすぐに対応いたします!

Amazon復活代行サポート最新情報(2021年1月版)

どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です。

「Amazonアカウント停止&閉鎖 最新情報(2021年1月版)」をまとめました!

Amazon復活代行サポート

弊社ではAmazonアカウント復活代行サポートを実施中!無料電話&メール相談OK!専門家の私が全力でサポートします。

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 株式会社hibikiではAmazonアカウントの停止復活代行サポートを実施しております。これまで合計500件以上の復活実績を積み重ねてきました。今回は サポート料金表・メニューをご紹介していきます。
Content

最新の停止原因と対策

2020年12月は知的財産権侵害が多い印象でした。

特にブランド品(PRADAやCOACHなど)の時計やバッグの意匠権で停止になる方が多かったです。

知的財産権は商品情報(SKU)を登録しているだけで通報されるため、販売履歴はなくともアカウント停止になります。

本来は商標権や意匠権を持っている人間以外はその商品を販売してはダメなので(PDARAのバックならPRADAもしくはPRADAが認めている正規代理店以外は、取り扱ってはいけない)通報はごもっともです。

そのため、警告を受けたら直ちにその商品とブランドは削除するようにしましょう。

通報の多い高級ブランド品は出品しないのが一番ですね。

知的財産権はこちらもチェック!
あわせて読みたい
Amazon知的財産権侵害ガイドライン|各権利ごとのアカウント停止まとめ 今回はAmazon知的財産権侵害でアカウント停止になった際のガイドライン記事です。実は知的財産権侵害はアカウント再開に請求書が必須ではありません。だからこそ改善計画が命なんです。今回はそんな改善計画書に必要な情報を各権利ごとに解説していきます!

最新のアカウント復活事例

今回は、先月のアカウント再開事例を抜粋してご紹介していきます!

なお最新のアカウント復活情報はTwitter(@hiyoko_tabi)で随時発信しています!

過去に再開した数百件分のお客様の声はこちらのページに掲載中です。

2020年12月5日 購入者から真贋通報

2020年12月6日 レビュー違反

2020年12月12日 意匠権侵害

2020年12月15日 2回目の商標権侵害

2020年12月15日 商標権&著作権侵害

2020年12月15日 不正注文(購入用)

2020年12月19日 5年前の真贋調査

2020年12月23日 商標権侵害

2020年12月26日 2回目の意匠権侵害

2020年12月28日 ランダム真贋調査

他にも多くの方から、アカウント再開時に感謝のメッセージをいただいています。

Twitter(@hiyoko_tabi)でも最新情報を毎日更新中!

Amazonニュース&コラム

最新のAmazon関連ニュース&コラムをご紹介します!

開業届は提出資料にもなる

ご依頼時に色々とお話を聞いていると、意外と開業届を提出していないフリーランスが多いんです。

個人事業主にとって開業届は大切です。青色申告や屋号は開業届を提出しないと利用することができません。また融資などにも関わってきます。

あとからでもいいので、青色申告の申請と一緒に提出してしまいましょう。

またアカウント停止時に、ストア運営の証明書類の一つとして提出できる場合があるんです。そのためリスクヘッジも兼ねて取得しておきましょう。

指摘商品は削除しましょう

Amazonからはさまざまな理由で商品に対する警告が届きます。

個人的な意見としては、反論せずにすぐSKUを削除するのが一番だと考えています。

「違反を指摘されているのに、だらだら言い訳して出品を継続している」セラーだと判断され、印象が良くありません。

1商品ごとの利益ではなく「Amazon側に通報されやすい商品をいつまでも出品し続けている」リスクを考えるようにしましょう。

アカウント全体としての長期的な利益を常に考える必要がありますね。

アカウント健全性は「ただの統計」

たまに「復活したけどアカウント健全性の数字が減らない」というご質問を頂きます。

しかし、この数字は「ただの統計」です。

過去180日以内の通報数であって、当たり前ですがアカウント復活で数字が変わることはありません。

そもそも「アカウント健全性」の数字はアカウント停止と直接結びついていないので、ここの数字にビビる必要はありません。安心してストア運営していきましょう。

吉田航基
この数字が30とか50になっているアカウントもよく見かけます

提出フォームのボタンが消える

最近、改善計画の提出フォームへ進むための「追加情報を提出する」ボタンが何回目かで出現しなくなることがあります。

Amazon的には現在審査中なので、追加提出しないでほしいと言う意味のようです。

数日経過して改善計画が合格 or 却下された場合は、提出ボタンが復活します。

ただし数日経ってもボタンが復活しないようでは、メールでの提出に切り替えていく必要があります。

あわせて読みたい
Amazonで改善計画の提出フォームに進むボタンが消えた時の対処法 今回はAmazon改善計画の提出フォームのボタンについて解説していきます。このボタン、たまに消えたり戻ったりと謎の動きをすることが多いので、その動き方について解説していきます。ボタンが復活せずに悩まれている方は必見です!

改善計画はPDFでまとめて提出

提出時にファイル添付画面があれば、改善計画をPDFで提出することが可能です。

これを使えば文字数制限で提出できない場合も提出することができますよ!

ただし文字数制限がかかるほど長文で提出したところで、Amazonは読まないことが多いです。

吉田航基
Amazonが求めているのは「短く端的な改善計画」です
あわせて読みたい
Amazon改善計画作成のコツをご紹介!復活できる文章の特徴とは? どうも! 吉田航基(@hiyoko_tabi)です! 今回は、Amazon改善計画作成のコツをご紹介します! 今回はそんな僕が、Amazon垢BANから再開までの一連の流れを、具体的に解説...

まとめ|知的財産権侵害に要注意!

以上、Amazon最新情報(2021年1月版)でした。

知的財産権侵害は通報されやすいブランドやメーカーが存在します。常に最新情報を仕入れてリスクの高い商品は撤退することを心がけましょう。

ひよこ

以上、先月分の再開事例でした

吉田航基

過去のアカウント再開事例一覧もご参照ください!

あわせて読みたい
Amazonアカウント停止 復活代行サポート | 合計500件以上の再開実績! 株式会社hibikiではAmazonアカウントの停止復活代行サポートを実施しております。これまで合計500件以上の復活実績を積み重ねてきました。今回は サポート料金表・メニューをご紹介していきます。
Content
閉じる